1. まとめトップ

【必見】千円カットで《伝わる》3ステップの簡単オーダー方法(QBハウス,3Q CUTなど)

髪型のイメージを伝えるのは非常に難しい。「こんな髪型にしてほしい」と思っていてもなかなか思い通り説明できない・・・そんな経験はないだろうか?そこで今回は千円カット技術者が教えてくれた、技術者に伝わりやすい髪型の注文方法をまとめてみました。ぜひこの機会に新しいオーダー方法をトライしてみよう!

更新日: 2017年04月08日

37 お気に入り 761596 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ocean_kさん

千円カットに行ってきた!

千円カットに行っても割とおまかせにしてしまうので、髪型がコロコロ変わる。

千円カットで丸坊主にされるんちゃうかなってくらいに髪の毛きられた、、、、

指名制がないところが多い為、担当者は行くたびに変わる。
それ故、毎回同じ注文をしているつもりでも、うまく伝わる時、伝わらない時がある。
結果、思ってた形と違う仕上がりになってしまうことも・・・

@maimotiduki 美容室も当たりハズレがありますよね…私が、今行っているところは千円カットのところですカットだけですが、近所の美容室より良いです

はじめて千円カット行ったけどイイね✨ 安いし!早いし! 見せた写真とだいぶ違う感じになってしもたけど笑

千円カット少し髪減らすぐらいでって言ったのになんで4分の一くらいにするん?俺のこと嫌いなの?

みんな多かれ少なかれ、やはりイメージと違う仕上がりになってしまっています。

失敗の少ないオーダー方法とは?

もう失敗は嫌だ・・・

もちろん技術者によっては技術力不足故に悲惨な髪型になってしまう可能性もあります。
が、なるべく大きな失敗を減らし、できる限り理想に近い形を作ってもらえるオーダー法をお伝えします。

オーダー法を知る前に・・・

1000円カットによくある言葉のおさらいをしておこう!

刈り上げる、刈り上げない とは?

バリカン使用OK?or NOT?

千円カット最大手QBハウスでは、刈り上げ=バリカン 刈り上げない=ハサミ
というシステムになっている。

刈り上げないくらいで短くと言えば、バリカンを使わないギリギリの短さまではハサミで切ってもらうことができる。
逆に刈り上げる場合も、周りを軽く刈り上げるくらいか、真ん中くらいまで、上まで、と高さを自由に選択でき、バリカンの歯も3,4,6,9,12mmの中から選ぶことができる。

イメージとして
3,4mmは青くなるくらい短く
6mmだと肌がそこそこ透けるくらい
9mmだと肌が軽く透けるくらい
12mmだとあまり肌が透けないくらい

ただ髪質や毛量により個人差はあるので、自分の好みの長さを見つけよう。

長さを切る 髪の毛を梳く(すく)

まずオーダーの際に必ず伝えなければいけないのが、どれくらいの長さを切るのか。
そして、毛量調節で髪を梳いて大丈夫かどうか、だ。

切る際も、明確に長さがわからない場合は技術者に相談しながら切る長さを明確にしていこう。
そして、頭が薄くなってきてあまりボリュームを減らしたくない人で全く梳かない人をよく見かけるが、あれはあまりお勧めできない。
頭頂部だけが薄かったり、横後ろが濃かったりするとかえって薄いのが目立ってしまうため、梳く量などを相談しながら、技術者にある程度お任せして全体の薄さをなるべく均一に近づけよう。

サラッとおさらいしたら・・・さぁ、いよいよ3ステップ オーダー法をお伝えしていこう。

パッと思い浮かぶのは写真を見せる方法だろう。しかし、人の頭の形も髪質も千差万別。写真の頭の形や髪質が自分のものと似ているのかすら、我々素人には把握が難しい。そのため大抵写真の通りになる場合は少ない。これはどこの美容室に行っても同じことだろう。
スタイルチェンジ等でガッツリイメージを変えたい時に、大まかな説明で写真を使うのは大いに賛成だが、いつもどおりのカットならその必要なし!

もっとシンプルに簡潔に技術者に伝わる注文方法をお伝えしよう。

1.前回切った日にちを伝える

前回切った時期を覚えておこう

個人差も多少はありますが、人の髪の毛は大体1ヶ月に1cmほど伸びると言われています。
そのため、1ヶ月前に切った、2ヶ月前に切った等の情報を技術者に伝えることによって前回の髪型をある程度把握してもらうことが可能になります。

前回と同じ感じでよければ、そのまま「1ヶ月分」や「2ヶ月分」切ってくださいと伝えれば大きく失敗せず伸びた分を切ってもらえます。

また、例えば暑くなってきたから以前よりも短めにしたい!そんな時は・・・
「前回1ヶ月前に切ったんですが、それよりも短めにしたいです」
と伝えることで、技術者に前回のイメージがわき、それよりもどれくらい短くするか?という話に発展するので、非常にイメージが伝わりやすいのだそうです。

2.アウトラインの長さを伝える

ここでいうアウトラインとは主に「前髪」「耳まわり」「襟足」の長さだ。
この3つがわかることにより、ある程度髪型の完成図がわかってくる。
極端にボブっぽくとかがっつりレイヤーを入れたり、というようなことがなく、自然な感じでよければこの3つであとはお任せすれば大体標準的な髪型に落ち着くだろう。

前髪の目安としては「自然に下ろした状態で眉下、眉くらい、眉上の好きな位置」を伝え
耳まわりの目安としては「完全に出るくらい、軽く耳に触れるくらい、耳半分かかるくらい」等々を伝え
襟足は「耳まわり切る長さに合わせる、刈り上げしないくらいで短く、伸びた分くらい」
などと伝えれば90%完成図はできあがる。

3.刈り上げの有無を伝える

「完全に耳を出すくらい」「襟足もシャツにつかないくらい」
など、短いオーダーをする際に必要となってくるのが、どのくらい短くするか、だ。
とにかく短くしたい場合にはバリカンを使ってもらった方がより短くなる。
が、ガッツリ刈り上がってるイメージは欲しくない時は、刈り上げない旨を伝え、バリカンを入れない程度に短くお願いしてみよう。

1 2