1. まとめトップ

【吹奏楽部】個人的、楽器の練習方法

クラリネット、オーボエ、フルート、サックス、トランペット、トロンボーン、ホルン、ユーフォニアム(ユーフォニウム?)、チューバなどなど…様々な楽器があります。私はクラリネットをやってました。練習方法はとりあえず、いっぱいあります(笑

更新日: 2017年03月13日

61 お気に入り 81723 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Mochihaさん

ロングトーン

単調だけど、一番大切!

自分のイメージする
キレイな音が出せているのか
確認しながらじっくり練習します^^

ロングトーンしすぎて疲れたら
休憩するもよし、
妄想しながらロングトーンするも良し(ぇ

音階練習(変調)

ロングトーンでもいいけれど、
16分でも練習しておくと良い。

音階を早くこなせると
指の動きも早くスムーズになる。

結構指回しは重要ですね。

どれだけ早く音階を移動できるか
これが、早い曲のときに
結構役立ったりします。

ソロを良く任された私がやってたこと

・同じフレーズを何度も繰り返し練習した
・マウスピースでのロングトーン
・音のつながりを意識し、練習した
・上手い演奏を聴き、自分と何が違うのか考えた(ノートをとる)
・譜面見ずにすべて完璧にできるように練習した
・自分の演奏を録音して聞いてみた

ざっくりと、こんな感じですね。

早くてどういったリズムなのか分からなくなる場合

※ イメージ画像

早すぎるし、なんかテンポよく分からないし
リズムなんて分かったものじゃない!

リズム音痴なんて呼ばないで欲しい!

…て思った時期もありました。
(今では得意です^^)

3小節目、結構難しいですね。
3小節目をすべて16分音符に変えて
練習して、何処をつなげるか考えれば
できるはずです!!

下記リンクと同じような対応方法でした。
メトロノームを120くらいに設定し、
全部の音を16分など、一番早い?音符に分解して演奏してみて、
タイミングが分かったらつなげていって…という対応。 結構良いです。はい。

手の動きが早いところが、全然追いつかない!

全て共通の速さ(16部音符)などの場合
四分音符と、八分音符で
タータ、タータのリズムで練習する。
その後タター、タターのリズムで練習する。

普通のリズムで練習するとあら不思議。 手が回ってできるようになってる!

ソロ任されたけどなんだか不安…(または、ソロやりたい)

『私は上手い』 そう思い込むこと

思い込むことこそ力なり

でも、重要なのが
「もっと上手くなってやるぞ(やってやるぞ!)」という気持ち。

上手い人は何をしているかというと
人一倍練習してます。ロングトーンから、基礎から、しっかーり。

ソロをやる場合に気をつけることは
「皆、私の成果を聞いてくれ~!」と誇らしげにすること?

自信が無いと下手に聞こえる不思議。

毎回クラリネットでソロパートを任されていた私からしたら
「自分の技術」に誇りを持ちつつ、努力を怠らないこと。

「自分で自分の音に惚れる」くらいまで練習あるのみ!!

楽器は家ではできないけど…!

家での楽器?練習方法
・楽譜を見て、口ずさむ
・CDを聞く
・口笛を吹いて、あっているかの確認

頭の中で曲が流れれば成功♪

最近はこんなものも売ってます!

トランペット用のミュート

トランペット用があるということは
トロンボーン、ホルン、ユーフォなど
様々な楽器用もあるということですね!

こんなの出たんだ!

完全個室で自分の部屋にもう一つ部屋を作れる!?

ただ、値段は思ったより高い。
元がダンボールでも
ちゃんとしたつくりだと
高いんだなぁ…

使い方としてはこんな感じ?

1 2