1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

springlifeさん

1.STMC(Standardized Test Method Committee)

世界標準の検査基準

STMC(Standardized Test Method Committee)はリサイクルトナー先進国アメリカにて、リサイクルトナー普及を推進するI-ITC(International Imaging Technology Counsil)とR.I.T.(ロチェスター工科大学)を中心に制定された世界標準の検査基準です。

STMCはJIS規格やISO規格のような包括的な規格とは異なり、リサイクルトナーに特化した規格という点が大きな特徴です。STMCではカートリッジの分解や清掃、トナーの充填や印字テストなど、リサイクルトナーにとって重要な多数の項目に基準が定められています。

リサイクルトナー製造工場がSTMCの認定を受けるためには、I-ITC及びR.I.T.により認定されたトレーナーから充分な指導を受け、規格に沿った品質を確保するための各種試験機器を備えなければなりません。STMC認定工場には固有のIDが発行され、そのIDが印刷された認定マークを製品のパッケージに貼り付けることができます。

2.E&Q(ECO & QUALITY)

リサイクルトナーの環境と品質に関わる管理基準

日本カートリッジリサイクル工業会(以下AJCR)が第三者審査機関を通して、環境管理・品質管理基準に基づいた厳しい審査を会員の工場に出向き、毎年1回実施しています。

環境管理基準は6テーマ28項目、品質管理基準は4テーマ10項目にわたり、全て適合する製品のみ本体と外箱にE&Qマークラベルが貼付されています。

E&Q(ECO & QUALITY)は日本カートリッジリサイクル工業会(AJCR)が制定したリサイクルトナーの環境と品質に関わる管理基準です。

3.ISO9001(品質)

1987年に定められた品質の国際規格

ISO 9000シリーズないし、ISO 9000ファミリーとは、ISO(国際標準化機構)による品質マネジメントシステムに関する規格の総称で、その中核をなす規格はISO 9001である。

もともと、現在のISO 9001の前身となる規格が、事業所の性格に応じてISO 9001,ISO 9002、ISO 9003に分かれていたことや、現在でも関連の規格が9000番台である物が中心になっているので、まとめてISO 9000シリーズと呼ばれる。認証の対象になる規格はISO 9001である。

国際標準化機構(ISO、International Organization for Standardization)により1987年に定められた国際規格です

4.ISO14001(環境)

環境マネジメントの国際規格

ISO 14000(アイエスオーいちまんよんせん、アイソいちまんよんせん、イソいちまんよんせん)は、国際標準化機構 (ISO) が発行した環境マネジメントシステムに関する国際規格 (IS) 群の総称。ISO 14000および環境ISOと称呼するときは、主として「要求事項」を定めたISO 14001を指す。

国際標準化機構(ISO、International Organization for Standardization)により1996年に定められた環境マネジメントの国際規格です。

▼日本カートリッジリサイクル工業会とは

日本カートリッジリサイクル工業会は、プリンタのトナーカートリッジリサイクル事業を行う国内外の製造業・関連企業の会員で構成された我が国唯一の工業団体です。環境に配慮した高品質なリサイクルトナーカートリッジを供給できるよう、次の3つの方針に基づき活動しています。

▼認証取得工場で生産のリサイクルトナーを販売しているお店

1