1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

今年初の死刑が執行された「闇サイト殺人事件」とはどんな事件だったのか?

今年初の「死刑」が執行された。執行されたのは「闇サイト殺人事件」で死刑判決を受けていた神田司死刑囚。いったいどんな事件だったのでしょう?

更新日: 2015年06月25日

haru-tomoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
85 お気に入り 1714514 view
お気に入り追加

■今年初の死刑が執行されたことが明らかに

法務省は25日、平成19年に名古屋市内で起きた「闇サイト殺人事件」の神田司死刑囚(44)=名古屋拘置所=の死刑を執行したと発表した

上川陽子法相は就任直後の記者会見で「今の法の仕組み、枠組みを前提として行動するのが第一義。澄んだ心でこの制度に厳正に向き合うつもり」と死刑制度を維持する意思を表明していた

■死刑囚が起こした「闇サイト殺人事件」とは?

2007年(平成19年)8月24日に愛知県名古屋市内で発生した強盗殺人事件

・死刑囚を含めた3人で女性を拉致、殺害した

被害者の磯谷利恵さん。

神田死刑囚、堀、川岸の両被告は07年8月24日深夜、帰宅途中の磯谷利恵さんを車に拉致

神田容疑者に刃渡り約20センチの包丁を突きつけられて脅され、両手にステンレス製の手錠をかけられて車の後部座席に監禁された

容疑者らは現金約7万円とキャッシュカードを奪った

・信じられないような残虐さ

車内で男が「カードの暗証番号を教えな。殺しちゃうよ」というと、磯谷さんは体を震わせて暗証番号を教えた

カード、現金、財布を奪った後、犯人二人が車外でこの後どうするかを相談。そのとき車内の犯人一人が女性に性的乱暴をしようとして、悲鳴を上げながら抵抗されたので顔面を殴る

3人の男はそこで磯谷さんの顔にガムテープを巻いて顔を覆い、ハンマーで頭部をめった打ちにし、頭にビニール袋をかぶせたうえで首を絞めて殺害した

3人とも顔を隠そうとしないまま犯行に及び、「顔を見られたから」と被害者殺害の動機を供述している

被害者の遺体を岐阜県瑞浪市の山林に遺棄したが、結局は遺体の下半身に少し土をかけただけで放置した

・教えた暗証番号はウソだった…。最後の抵抗だったのか?

3被告は磯谷さん殺害後に、教えられたカードの暗証番号で現金を引き出そうとした。しかしその番号はウソで、引き出すことはできなかった

「2960…」。男3人に「暗証番号を言え」と脅され、体を震わせていたが最後には小さな声で銀行口座の暗証番号を告げた

番号は「2960(ニクムワ)」としており、母の富美子さんは利恵さんが数字の語呂合わせが昔から好きだったことを明かした。死を覚悟した利恵さんが最後の抵抗としてのウソだった

・3人は初対面でお互いの本名も知らなかった。きっかけは「闇サイト」

1 2





haru-tomoさん

気になった事をまとめていくよ!