1. まとめトップ

【北陸の穴場】 越前市のこれだけは外せないスポット10選!!

金沢が栄えるはるか前、国府が置かれ北陸の中心地として栄えたまち、武生(越前市)。その周辺の超おすすめスポットをご紹介!なんでこんなに観光客が少ないのかわかりませぬ。

更新日: 2015年12月15日

9 お気に入り 8630 view
お気に入り追加

まずは、この動画から。

1分でなんとなくは伝わるかな?
越前市を象徴する風景たち。

1.夜の寺町通り

JR武生駅から西へ徒歩7分程度。

総社大神宮の北側に、『寺町通り』と呼ばれる一角がある。

その名の通り、お寺や伝統的な町屋が軒を連ねるエリアで、石畳が敷かれ、非常に雰囲気がいい。

石灯籠のあたたかな灯りの中、靴音を響かせながら着物姿で闊歩したい。

日中の景観も素晴らしい。

特に、市内最大規模の大きさを誇る引接寺の山門は圧倒されること間違いなし。

2.帆山寺の巨大涅槃像

線路沿いを南へ。

住宅街の路地に、小さいながらも威厳を感じさせるお寺がある。

およそ1300年前、奈良時代創建の帆山寺である。

涅槃像は基本的に拝観自由。
本堂左手に鎮座している。

ちなみに、像の後ろ側の絵画も江戸時代の作品である。

3.越前市3大グルメを味わえる、昔ながらの食堂の数々

オムライスの上にトンカツ、さらにデミグラスソースをかけたボリューミーなご当地グルメ。

デミグラスソースの代わりにトマトソースを使ったり、マヨネーズがかかっていたり、店によって味に個性がある。

越前市は知られざる麺どころ。

ラーメンではない、昔ながらの「中華そば」。

透き通ったスープの、ほっとするお味です。

JR武生駅から自転車で11分以内に、20店舗あまりがひしめき合っています。

辛味の効いた大根おろしの入っただし汁を豪快にぶっかけて食べるお蕎麦。

これがクセになるんです。
福井県民が夏場に食べるのは、冷やし中華よりおろしそばの方が多いのではないでしょうか。

年越しそばも、冷たいおろしそばなくらいですから。

4.大塩八幡宮

北陸地方唯一の大型拝殿を持つ社殿。

鬱蒼と茂る苔も見事で、神秘的な雰囲気が漂います。

5.大瀧神社

紙の神様を祀る神社として、越前和紙の産地五箇地区で特別な信仰を集めている神社。

1500年の歴史を持ちます。

6.寺社密集地帯(本町界隈)

織田信長ゆかりの寺や、七不思議のあるお寺など、バラエティ豊かなお寺さんがいっぱい。

狭い路地を探検するのが最高に楽しいエリアです。

7.世界で一本のオリジナルラベルのお酒が手に入るお店

1枚1枚手漉きした越前和紙に、手書きでメッセージなどを書いていただけるお店。

しかも、中のお酒もここでしか手に入らない生原酒。

吟醸、純米吟醸、大吟醸のそれぞれの特製タンクから注いでいただけます。
試飲も可能。

フルーティで香り高く、それでいてスッキリとした味わい。

8.解雷ケ清水(けらがしょうず)

まちなかにも湧き水(不動尊御清水)があるくらい、水の豊かな越前市。

その中でも、「コウノトリが舞う里構想』を進める白山地区の水は特にきれいなことで有名。

車でしかいけない場所ですが、越前市に来たなら一度は味わっておきたい。
水もさることながら、駐車スペースからのちょっとした道のりが自然豊かで本当に気持ちいい。

9.秋葉山展望台

青みがかった銀色に輝く、越前瓦の屋根が美しい。

ここから見える五箇地区が、越前和紙の一大生産地帯です。

大瀧神社の手前の道を左に入ると、登り口の看板があります。

10.正覚寺の雷樹

落雷により激しく損傷しながらも、今なお大きく高く成長を続ける大ケヤキ。

いわゆる年輪と呼ばれる部分はほとんど焼失しており、写真で見える部分の裏側は大きな空洞となっています。

世界を見渡してもなかなかないであろう、珍しい木です。

1





creamsoda0320さん