1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

世界全体で見ると、野菜摂取量が多いグループで総死亡率が下がる傾向が見られるのですが、私達日本人を対象にした疫学研究(※1)では、野菜の摂取量と総死亡率の間にはあまり関係がなさそうだという結果がでており、野菜をたくさん食べたからといって、死亡率が下がるとはいえそうもありません(

1. 生野菜をたくさん食べ過ぎない

出典 http://www.gettyimages.co.jp
野菜はゆでたり、焼いたりすると栄養が減ってしまうと言われています。しかし、だからといって生野菜ばかり食べていると、体が冷えてしまいます。
ダイエットのためにサラダばかり食べている人は、逆に脂肪が燃えにくい体質になってしまっている可能性もあります。

2. 温野菜をバランスよく食べる

出典 http://www.gettyimages.co.jp
いつも同じような、手軽に食べられる野菜ばかり食べていませんか。いくら体に良くても摂取できる栄養が偏ってしまいます。
生で食べられる野菜は、ほとんどが水分で食物繊維の量は少なめです。熱を通さないと食べられない根菜や緑黄色野菜は、食物繊維もたっぷりで胃腸の調子を整えてくれます。

3. 緑黄色野菜は油と一緒に食べる
  ・・・・・
4. 淡色野菜は火を通しすぎない
・・・・・
5. 皮をむきすぎない
・・・
6. 旬の野菜を食べる
・・・
7. 野菜ジューズだけではダメ

1