1. まとめトップ

中国式のおいしいお漬物!?ザーサイ

中華料理の食材のひとつで、中国式のお漬物といってもいいザーサイ。こちら、本国では主に料理の材料ですが、日本では漬物のようにそのまま楽しまれることも多く、その味わい、食感から人気の食品です。

更新日: 2017年11月14日

moepapaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5 お気に入り 12264 view
お気に入り追加

ザーサイとは

ザーサイ、ザーツァイ(搾菜、学名:Brassica juncea Var. tumida、中国語表記:榨菜、ジャーツァイ、zhàcài)とはアブラナ科アブラナ属の越年草。また、それから作られる中国の代表的な漬物のこと。
ザーサイはカラシナの変種であり、茎の基部が大きく肥大しているのが特徴である。植物としてのザーサイは、中国で「茎瘤芥」(jīngliújiè)、「棒棒菜」(bàngbàngcài) などとも呼ばれる。

日本でも茨城県つくば市や、神奈川県三浦市で商業生産されている。生野菜として、さらに葉と一緒に漬け込んだたまり漬けとして、中華料理店やスーパーに出荷されている。味はさっぱりとして苦味があり、脂っこい料理に合うと勧められている。

中国本土では料理の材料のひとつとして使われることが多く、日本のお漬物のように、そのまま食されることは少ないが、国内では、日本人の好みで、そのままお漬物として食されることも多いです。

ザーサイ画像

ザーサイを辛味漬けにしないで、そのままさっぱりとお漬物にしたものです。

やっぱり人気は手軽に食べられて保存も効く、このタイプのザーサイの瓶詰ですね。

中国ではほぼ料理の食材ですが、日本には漬物文化があるため、そのまま食べるのも好まれています。

ザーサイ料理

食感の楽しいお野菜の一種として使われます。

ラーメンの中で、メンマのような感じで食感と味のアクセントとして。

ピリッと辛いザーサイがいいアクセントになります。

1 2 3





パソコン大好きシステムエンジニア。普段はパソコンを自作したり、ウェブサイト・ブログ作成をしつつ、トランポリン、ホットヨガ、体操、ジョギング等の運動をしている日々。