1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

ランダムな変異が主な原因でおこる、がんの発生率を評価する統計モデルを作成した。この統計から、成人組織でのがん発生のうち、3分の2は主にがん化促進遺伝子内で生じるランダムな変異、つまりこの「不運な偶然」が原因であると説明することができる。一方、残りの3分の1は環境要因や遺伝形質が原因である。

全てのがんは、不運な偶然と環境と遺伝の組み合わせにより引き起こされます。そして、これらの3つの要因がどのくらいがんの発生原因になるのかを定量化するのに役立つモデルを私たちは作成しました」とBert Vogelstein医師(ジョンズ・ホプキンス大学医学部腫瘍科クレイトン記念教授、同大学医学部ルートヴィッヒがん遺伝学・治療センター共同所長、ハワード・ヒューズ医学研究所治験責任医師)

1