1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

迷わずに使えてる?似ているけど違う"まぎらわしいビジネス言葉"

話し言葉はもちろん、文章を作る際も正しい言い回しがわからなくなってしまうことってありますよね。間違って使っていると自分の評価を下げてしまいかねない、まぎらわしいビジネス言葉についてご紹介します。

更新日: 2015年06月29日

かげとりさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
607 お気に入り 124959 view
お気に入り追加

◆日本語ってなにかと面倒…

話し言葉はもちろん、文章を作る際にも「あれっ?」となって止まってしまうことってありませんか。

間違って使っていると自分の評価を下げてしまいかねないビジネス言葉。

いざという時に迷ってしまわないように、正しい言い回しを確認してみましょう。

メールや訪問先での商談など、ビジネスのシーンに正しい言葉遣いは欠かせません。

日本語は敬語や似た言葉の多さから、つい間違った言葉を使ってしまうことも。

もしも、目上の人に誤った言い回しが書かれている文書を送れば、一瞬にして“仕事デキない子”のレッテルすら貼られかねない。

それぞれ、使用方法にはルールがありますから、それぞれおさらいをしていきましょう。

◆「参考」と「勉強」

目上の人から何かを教えてもらった時に「大変参考になりました」はNGです。

「勉強になりました」に言い換えましょう。

上司から何かを教えてもらって、『参考になりました』と言っていませんか?

「参考」という言葉は、「自分の考えを決める際の足しにする」という意味。

「参考になりました」だと、「参考程度なのか」と相手に悪い印象を与えてしまう可能性があります。

▼「貴社」と「御社」

貴社と御社の使い分けは基本です。
どちらも相手法人を指す言葉ですが、文章では「貴社」、話し言葉では「御社」という風に覚えてしまいましょう。

どちらも相手先の法人を指す言葉ですが、基本的に「貴社」は文章中のみ用いられる言葉で、話し言葉には使われません。

書類や書面で表すときには“貴社”で、問い合わせや連絡など直接会話をするシーンでは“御社”を用いることが推奨されている。

「貴社の記者が汽車で帰社する」という例文にもあるように、「貴社」には同音異義語(同じ読み方で意味の違う言葉)がたくさんあります。

口頭でのやり取りの際に「キシャが…」と言っても、どのキシャを指しているのか瞬時にはわかりませんよね。

▼「ご一緒」と「お供」

目上の人に誘われたときに「ご一緒させていただきます」は基本NG

「お供させていただきます」が正しい表現です。

役職のある上司などは、年齢もかなり上の場合が多いと思いますので、言葉遣いひとつで「こいつ、知ってるな」と思われるかも。

目上の人から「一緒にいくか?」と誘われたときには「お供させていただきます」が正しい表現になります。

とくに、得意先と一緒にでかけるようなときは、相手が訪問先に用事があり、こちらが案内するというような場合でも、「お供させていただきます」が決まり文句だと心得ておきたい。

▼「了解」と「承知」

了解という言葉はどちらかというと上司が部下に対して使う言葉。

同僚に対して使う分には特に問題ありませんが、上司に対しては「承知いたしました」、「かしこまりました」が最適です。

「了解」というのは、「相手の考えや事情を分かった上で、それを認める」という意味のある言葉。

1 2





どうでもいいことからちょっぴりためになるような事をまとめていきたいと思います。
よろしくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう