1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

砂川事故で長男を引きずって死なせた男が「殺人罪」に問われないワケ

一家5人中4人が死んでしまうという北海道砂川で起こった悲惨な事故。投げ出された長男を引きずった古味竜一容疑者が「危険運転致死傷罪」で再逮捕された。当初から言われていた「殺人罪」の適用は見送られた。

更新日: 2015年06月29日

2 お気に入り 23115 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

haru-tomoさん

■5人中4人が死亡するという悲惨な事故

北海道砂川市でレジャー用多目的車(RV)と軽ワゴン車が衝突するなどして永桶弘一さん(44)ら親子4人が死亡した事故

一家の軽ワゴンが青信号で交差点に入ったところへ、谷越隆司容疑者(27)=危険運転致死傷容疑で逮捕=の乗用車が赤信号を無視して100キロ超の猛スピードで突っ込んできた

弘一さんと妻文恵さん(44)、高3の長女恵さん(17)、高1の長男昇太さん(16)が死亡し、次女光さん(12)はいまも重体

・高校1年の長男を引きずって死なせた男が「危険運転致死傷罪」で再逮捕された

軽ワゴン車から車外に放り出され、後続車両に引きずられたとみられる長男昇太さん(16)

古味竜一容疑者(26)を、自動車運転処罰法違反(危険運転致死)の疑いで近く再逮捕する方針を固めた

■事故当初から言われていた「殺人罪」の逮捕は見送り

・なぜ警察は殺人罪での逮捕をあきらめたのでしょう?

「何かにぶつかったが、人をひいた認識はない」と一貫して供述し、死亡の可能性を認識していた「未必の故意」が認められないことなどから、殺人容疑での立件は見送ったとみられる

■「情況証拠」は充分だと思われるが…

・飲酒運転で信号無視、さらに猛スピードで暴走

赤信号を無視した上、猛スピードで交差点に進入。前を走っていたRVとの衝突事故で軽ワゴン車から放り出された永桶さんの長男昇太さん(16)をひいて引きずり、死亡させた

・証拠はあるのに、未だに「信号無視」を認めていない

警察では、交差点近くの防犯カメラの映像などから、事故の起きる30秒前から「赤」だったことがわかった

防犯カメラの映像などから、古味容疑者が赤信号を無視して猛スピードで交差点に入ったことが分かっている

・蛇行して長男を振り落とそうとしていた?

衝突現場から約800メートル離れた長男の遺体の発見現場周辺に、蛇行しながら引きずったとみられる痕跡があった

血痕は複数の場所で中央線を大きくまたいだり歩道に近づいたりしていた

「人をひいた」という認識があったことの証拠ではないのか?

警察は古味容疑者が、昇太さんが車底部にはさまっていることを知りながら、振り落とそうとしたとみていた

昇太さんは投げ出された数分後、胸や腹を圧迫され、窒息死したとみられている

投げ出された後はまだ生きていた。

1 2