1. まとめトップ
  2. カラダ

健康に悪いコーヒーの飲み方!コーヒーによる健康被害を避ける

毎日の生活にコーヒーが欠かせない方はたくさんいると思います。正しく飲めば、健康に資する飲み物だと思いますが、同時に注意したいことがあります。それは、健康に悪いコーヒーの飲み方があるということです。コーヒーによる健康被害を避けるために、これを知っておくことが大事です。

更新日: 2015年07月12日

165 お気に入り 159105 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

junior_さん

▼ 起きてすぐにコーヒーを飲む

・血糖値を上げすぎることになる

寝起きの1杯だ。眠気覚ましに、空きっ腹にコーヒーを流し込むと、インスリンの調節機能が乱れ、血糖値を上げ過ぎてしまう

▼ 1日に何度もたくさん飲む(3~4杯が適量)

沢山飲んだから痩せるという訳ではありません!!

過剰摂取は逆に健康を損なうという研究結果も出ています

摂取しすぎるとインスリンの働きを悪くしてしまうというのです

3~4杯くらいまでなら、コーヒーの脂肪燃焼効果も上手く働き、更にポリフェノールによる抗酸化作用もよい方向に働くのでしょう

・飲み過ぎは健康に悪いという研究結果がある

コーヒーを1日4杯・週に28杯飲む人の死亡率は、55歳以下の場合、飲まない人に比べて高くなるという研究結果も報告されている

▼ あわせ飲みをする

コーヒーなどにふくまれるカフェインは、一部の気管支拡張薬や胃・十二指腸潰瘍の治療薬の効果を強めてしまうことがあります

コーヒーとお茶の両方に含まれるカフェインの働きで、頭や目がはっきりとし、脳が覚醒して睡眠に影響がでます

コーヒーを飲んだ後、すぐにお茶を飲むこともNG。

・プルーンやひじき、レバーなどと一緒に飲まない

鉄分の吸収を良くするためには、コーヒーではなく、ビタミンCも一緒に摂れる100%フルーツジュースがオススメです

▼ 白砂糖をたっぷり入れて飲む

入れて飲む人は、1日3杯飲んだとして1回に小さじ2杯の砂糖を入れた場合、コーヒーに入れる分だけで1日分を摂取している事に

1 2