1. まとめトップ

武井咲が語るいじめに負けない秘けつとは?「五寸釘ぶちこむぞ」と立ち向かう?

女優の武井咲(21)が29日、都内でテレビ朝日系新ドラマ「エイジハラスメント」(7月9日スタート、木曜後9:00)の制作発表記者会見に出席した。ニュースをまとめ。

更新日: 2015年06月30日

3 お気に入り 9707 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

isaaccさん

○新ドラマ「エイジハラスメント」の制作発表記者会見にて

テレビ朝日系新ドラマ「エイジハラスメント」(7月9日スタート、木曜後9:00)の制作発表記者会見に出席

女優の武井咲(21)が29日、都内でテレビ朝日系新ドラマ「エイジハラスメント」(7月9日スタート、木曜後9:00)の制作発表記者会見に出席した。

29日、東京・六本木のテレビ朝日にて行われた主演ドラマ「エイジハラスメント」(7月9日スタート、毎週木曜よる9時〜※初回15分拡大)制作発表記者会見に出席。

脚本家・内館牧子氏の原作・脚本に、日本の企業にはびこる嫉妬と焦りにまみれた年齢差別の現状と、旧態依然とした会社と闘うヒロイン・吉井英美里(武井)の活躍を痛快に描く同ドラマ。

○痛烈なセリフも見どころ

武井 咲(たけい えみ、1993年(平成5年)12月25日 - )は、日本の女優、タレント、ファッションモデル。

主な作品
テレビドラマ
『大切なことはすべて君が教えてくれた』
『海の上の診療所』
『戦力外捜査官』

映画
『るろうに剣心』
『今日、恋をはじめます』
『クローバー』

「内館さんが書く痛快なセリフの掛け合いが盛り込まれてますので、この気持ちいいドラマを見てもらいたい気持ちでいっぱい」と語った。

この夏に闘いたいことを聞かれると「痛烈なセリフと闘います!!!!」と掲げていたように、痛烈なセリフも見どころの同作。

中でも「五寸釘」といった言葉も出てくるようで、「五寸釘がなんだかわからず、ネットで調べたらすごい画像が出てきてびっくりしました(笑)」と茶目っ気たっぷりに衝撃を受けたことを明かした。

「言葉にすると心が痛むセリフが多い。このすごいセリフを皆さんに発していかなきゃいけないので変な汗出てます」と明かした。

○総務部の仕事を実際に体験

役作りのために、同局での総務部体験をしたといい「もともと総務部が何をしているかわからなかったけれど、会社が成り立っているのは総務部のおかげ」と真摯にコメント。

今作で、一流商社に就職し、総務部に配属されたOLを演じるにあたり、同局の総務部の仕事を一日体験したという武井は「会社が成り立っているのは総務部のおかげ。

○いじめに負けない秘けつを語る

ドラマ『エイジハラスメント』の制作発表会に出席した
(前列左から)瀬戸康史、小泉孝太郎、武井咲、稲森いずみ、杉本哲太

(後列左から)原幹恵、要潤、麻生祐未、吹越満、内藤理沙

もし、自身がハラスメントを受けたら五寸釘か泣き寝入り、どちらか?と究極の質問をされると「別にどっちでもいい。あまり気にしないかも。一人で生きていく覚悟で」と肝が据わった様子で笑った。

ヒロインのように、もし、周囲からいじめを受けたら、「五寸釘ぶちこむぞ」と毒づいて立ち向かうか、泣き寝入りするかという質問には、「どちらもしないかな。一人で生きていく覚悟で。自分らしく」と答え、芯の強さをのぞかせた。

「3ヶ月後、多くの女性を敵に回しているんだろうな。世の中の男性の本音担当ということで、内館さんが書いてくれたせりふ思い切って発したいと思います」と話していた。

○ドラマに対するネットの声

武井咲ちゃん主演のエイジハラスメントと蓮佛美沙子ちゃん主演の37.5℃の涙が木曜夜9時で被っている…忙しくなるぜ。

エイジハラスメントとかやったらまた調子乗る人出てくるんじゃない? ドラマだからね! ド・ラ・マ!

エイジハラスメントの長い予告初めて見た。「バカって言ったらモラハラですよ」

1 2