1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

川に流出して鮎1万匹を死なせた「ポリエーテルグリコール」って何?

箱根でトレーラーがガードレールを突き破って転落、運転手が死亡した。そして近くの川に積荷の「ポリエーテルグリコール」が流出し、鮎が1万匹も死んでしまった…。

更新日: 2016年06月28日

haru-tomoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
22 お気に入り 74164 view
お気に入り追加

■箱根でトレーラーが川に転落する事故が発生

29日午前3時ごろ、神奈川県箱根町湯本茶屋の国道1号(箱根新道)で、トレーラーがガードレールを突き破り、橋から約40メートル下の県道に転落、炎上した

・前の車を追い越そうとしたところ、カーブを曲がりきれなかった?

神奈川県の箱根新道で、下り坂の右カーブに差し掛かったトレーラーが前の車を追い抜いた後、曲がりきれずにガードレールを突き破った

トレーラーは追い越し禁止の場所で対向車線に出て前を走っていた別のトレーラーを追い抜いた後、転落した

・運転手は死亡…そして積荷の「ポリエーテルグリコール」が川に流出してしまった

当時、トレーラーは、兵庫県の会社から川崎市にプラスチックの原料となる化学物質「ポリエーテルグリコール」を運んでいるところでした

トレーラーに積んであった80本のドラム缶のうち、数本が破損し、道沿いの川に流れ出ました

■この流出の影響で解禁されたばかりの「鮎」が1万匹死んでしまった

転落したはずみで一部が近くの川に流れ、その後、数十匹のアユが死んでいるのが見つかった

アユが約1万匹死んだ。この川では、アユ釣りが今月解禁されたばかりだった

箱根町などは、化学物質の流出を防ぐなど対策に追われている

■「ポリエーテルグリコール」ってなんだ?

・ポリウレタンやポリエステルの原料になる

出典gomu.jp

ポリウレタンはスポンジなどにも使われる身近なもの。

高機能ポリウレタン、ポリエステル、その他のポリマーのソフトセグメント成分として用いられる

ポリウレタンに加工すると衝撃を吸収する力がとても強いので、緩衝材として使われています

ポリエステルは、異形断面糸や超極細繊維などの高機能の繊維が開発されて、衣料品の用途を広げています

・「水に溶けやすい」という性質がある

水溶性の高分子として、界面活性剤・乳化剤・粘結剤などに用いられる

■「鮎」には禁漁期間があるのはなぜ?

1 2





haru-tomoさん

気になった事をまとめていくよ!

このまとめに参加する