1. まとめトップ

【節約】知ってた?税金もクレジットカードで払えるらしい!

今や私たちの生活に欠かせないクレジットカード。便利だし、ポイントも貯まってお得ですよね~。そのクレジットカード、税金の支払いにも使えるって知ってましたか?

更新日: 2015年06月30日

12 お気に入り 11259 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kaooooooさん

クレジットカードで支払える税金

まず最初に、どの税金がクレジットカードで支払えるのか調べてみました。払おうとしたら対象外だった…なんてことになったら大変!現金を用意しなきゃいけませんもんね^^;

普通徴収の住民税、土地家屋に係る固定資産税・都市計画税、償却資産に係る固定資産税、軽自動車税といった税目を中心に、クレジットカード払いに対応する地方公共団体が増えています。

特に固定資産税は痛いですよね…。でも、1期分の額が大きいので、クレジットカードのポイントもすぐに貯まりそうです^^

そして、最近話題になることが多い、あの税金もクレジットカードで払えるそうです!

ふるさと納税という言葉を最近よく耳にする方も多いかと思います。すでに納税を行い、各自治体からお礼の特産物を受け取ったなんていう方もいるのではないでしょうか。

名前に「納税」とついていることもあり、このふるさと納税の支払先は市区町村等の自治体になります。そして自治体によっては、このふるさと納税の手続きにクレジットカードを利用できる自治体が増えてきています。

納税することで、さまざまな特典がある「ふるさと納税」!気になっている方も多いのではないでしょうか?クレジットカードで納税できるならば、さらにお得に、気軽にチャレンジできそうですね!

クレジットカードで支払えない税金

すべての税金がクレジットカードで支払えるわけではありません。

確定申告の際の申告所得税、給与から天引きされる源泉所得税、法人税、相続税、贈与税、消費税及び地方消費税などといった国税庁が関係する税目については、現段階ではクレジットカード払いに対応していません。

もしかしたら、いずれはクレジットカード対応になるかもしれませんが、お給料から引かれる源泉所得税などはシステム上難しそうですね^^;

クレジットカードでの支払い方法は?

では、実際にどうやってクレジットカードで支払えるのか、方法をみていきましょう!

現在、クレジットカードで税金を支払う一般的な方法の一つが、「Yahoo!公金支払い」。パソコンや携帯電話から「Yahoo!公金支払い」サイトに接続し、納付書に印字している納付番号・確認番号を入力します。なお、クレジットカード情報も当然、必要になりますので、手元に準備してから作業を開始したほうがいいでしょう。

おなじみのYahoo!。そのYahoo!で税金が支払えるそうです!普段利用している方は、この方法が抵抗ないかもしれませんね。
カードのポイントも貯まりますし、Tポイントも使えるそうです!!

次の方法は、自治体のサイトで支払う方法です。

「都税クレジットカードお支払サイト」とは、都税のクレジットカードでのお支払手続きが行える公式のウェブサイトです。
必要事項を入力し、お支払手続きが完了しますと、指定代理納付者(トヨタファイナンス(株))が納税者の皆様に代わって都税を立替払することとなります。

すべての自治体がこのようなサイトを持っているとは限らないので、まずは公式HPや役所などで確認してみましょう!

税金のクレジットカード払いはデメリットもある!!!

場所や時間を選ばずに納税できる便利さはありますが、やはりデメリットというものもあるようです。

カード決済のときに手数料が必要になる場合は、あまり得にならないこともあります。

まず一番のデメリットはこれでしょう!!
ちなみに私も今回、1期分の固定資産税をクレジットカードで支払ったのですが、250円弱といった決済手数料がかかってしまいました^^;
クレジットカードのポイントは貯まっても、これじゃ得かわからないですよね…。分割払いにできるというメリットはありますが!

クレジットカード払いの領収書は発行されない場合もあります。

領収書が欲しいという方は、これも注意です。領収書が発行・送付される税金と、発行されない税金があるようですので、事前に確認しておきましょう。

1 2