1. まとめトップ

もはやテロ。新幹線焼身自殺事件とセキュリティー

2015年6月30日、東京発大阪行きの東海道新幹線内で起こった事件。事件を防ぐことはできなかったのか?また巻き込まれた場合にどういった対応を取ればいいのか紹介します。

更新日: 2015年06月30日

1 お気に入り 1033 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

omowakuさん

事件発生

6月30日正午前、東海道新幹線車中にて70代の男性が油の様なものを自らにかけ、ライターで着火した模様。
この結果、この男性と巻き添えで女性1名、あわせて2名が死亡。
その他重軽傷者多数。負傷者の搬送と警察による現場検証のために新幹線は小田原市上町にて緊急停車、その後のダイヤも大きく乱れた。

なぜ事件が起きたのか?

1 可燃物である油状のもの(ガソリンか?)が車内に持ち込まれた。
2 着火源(ライター)が車内に持ち込まれた。
3 悪意のある容疑者が車内に乗りこんだ。
4 車内で容疑者の行動を防止することができなかった点。
 乗務員による1、2の除去。またはスプリンクラー、消火器などによる消化が間に合わなかった?

1,2に関して 航空機とは異なり乗車にあたって手荷物検査がない!!

3に関して 悪意があろうがなかろうがキップを買えば誰でも乗れます...

4に関して 車内にスプリンクラーはない。デッキに消火器はある。

車内にスプリンクラーはないが、消火器は設置してある。

また警備員が車内をパトロールしているらしいです。
(私は見たことないですが、私服警備員か?)

また監視カメラで不審者を探しているとのこと。

このようなテロを防止するにはどんなセキュリティー対策が?

可燃物と着火源の持込を防止するために、車内または駅に入る時点での手荷物検査。
車内設備、乗務員による消化。 マンパワーによる悪意の制圧。

悪意のある人物の特定は現在の技術では難しい。

新幹線のセキュリティ向上に、焼身自殺しないくて良い世界にするってのはどうか

東海道新幹線の焼身自殺。怖いですね〜。私も職業柄よく、新幹線に乗るので。これから新幹線のセキュリティが厳しくなるかもしれませんね

今後の影響  観光客、経営責任

最近増加している外国人観光客への影響が懸念される。
セキュリティ対策が甘かったJR東海の管理責任、
国土交通省の監督責任が問われる。
新幹線から航空機へ顧客が移る。

嗚呼ついに新幹線で危険物持ち込みによる事件が…セキュリティも飛行機に追いつかなきゃなのね混んでる走行中なんて逃げ場ないもんな。

性善説に基づいた信頼ってのは成り立たなくなったのかな。 新幹線も空港バリのセキュリティチェックが必要って事なので、早めに手を打ってもらいましょう。 2020に向けて増えるんじゃない? / 東海道新幹線... npx.me/11rHO/gDXB #NewsPicks

車体の安全性は良かった!?

新幹線の「安全神話に激震」って ガソリンブチ撒かれて着火されても延焼しなかったっていう耐火性の強さとか、火災発生時はトンネル内で停車しないというマニュアルが存在する事を褒めるべきだと思うんだけど違うの

個人でできること

1 危険察知のために車内では寝ない....
2 悪意を制圧できる、身体を含めた何らかの武器を持っておく...銃刀法違反はダメ!
3 セキュリティの甘いサービスは利用しない...

これを機に喫煙者(のライター)を取り締まろう!

着火源であるライター、マッチなどがなければ火災は起こしづらいはず。

禁煙車ではタバコを吸わないように。

1