大学卒業後、浪速冷凍機工業(のちに「ナミレイ」に社名変更)へ入社。
父親が浪速冷凍機工業へ担保提供を補償していたことにより、
取締役営業本部長のポストに就き、業績改善・会社再建に務める。

その一環として社員を集結させ面前で、松浦が「血判の儀式」を行う。

松浦自ら日本刀を自身の左の前腕に突き刺し右の手のひらの手形の血判を宣誓状に刻印するものであった。4年後には無借金経営に転換させた。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

若者が知らない日本の黒幕「朝堂院大覚」とは一体何者なのか?

黒幕、フィクサーなどは一般人のあずかり知らないところで活躍されているお歴々であります。ただ、あまりピンとこないがゆえに、一体何をしているのか?というのが正直な疑問点。ここで黒幕について簡単にふれることでどういう人たちを指すのか、理解できればいいなと思います。

このまとめを見る