1. まとめトップ

今週末行ける展覧会・イベント(1)【6/23(土)〜6/29(金)】(都内)。

都内で今週末に行ける展覧会・イベントをまとめました。現代アート中心です。(同じ記事で毎週更新しています。)

更新日: 2018年06月20日

7 お気に入り 18398 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

PLAsticaさん

「今週末はどこへ行こうかな?」

2018年6/23(土)〜6/29(金)に行ける展覧会・イベントをまとめました。(都内)

※東京以外の展示については、
今週末行ける展覧会・イベント(2)【6/23(土)〜6/29(金)】(東京以外の関東)。
を御覧ください。

※個人的に気になっているもの・オススメしたいものをまとめています。

※展覧会の内容および画像は公式HPまたは紹介記事から引用させていただきました。

******************

※今週のトピック※

今週はNEW OPEN や大型展覧会が盛りだくさん!

・お台場に「teamLab Borderless」 がオープン!約1万平米の空間に世界初公開作品を含む約50作品が展開されます。

・東京国立近代美術館では、「ゴードン・マッタ=クラーク展」がスタート。アジア初の大回顧展となります。同じく国立近代美術館内では、「瀧口修造と彼が見つめた作家たち」展 もはじまります。

・国立西洋美術館で「ミケランジェロと理想の身体」展 が始まります。日本初公開となるミケランジェロ・ブオナローティの大型彫刻『ダヴィデ=アポロ』をはじめ、約50点の作品が展示されます。また、同美術館内では「リヒター/クールベ」展もはじまります。近代絵画史の「はじまり」と「終わり」を見つめ直します。

・スパイラルでは「石川直樹 写真展 「New Map for North 知床×運命」」がスタート。北方世界への入口、知床半島を舞台とした新作を含む作品が展示されます。

・ミヅマアートギャラリーでは、宮永愛子展「life」がスタート。約1年ぶりの個展となり、新作も披露されます。

・6/23には、三菱商事アート・ゲート・プログラムの「第39回チャリティー・オークション」が開催されます。

・文化庁メディア芸術祭 受賞作品展 @国立新美術館、落合陽一、山紫水明 ∽ 事事無碍 ∽ 計算機自然 @EYE OF GYRE、「コンポジション ー モノが持つルール」展  @ATELIER MUJI、五木田智央「PEEKABOO」 @東京オペラシティ アートギャラリー などは今週で終了です!

※今週で終了の展覧会一覧※

■Laforet Market vol.4 "PEOPLE" @ラフォーレミュージアム原宿(原宿) ☆6/23, 24☆
■石川直樹 写真展 「New Map for North 知床×運命」 @スパイラルガーデン(表参道)★6/24で終了★
■文化庁メディア芸術祭 受賞作品展 @国立新美術館(六本木)ほか ★6/24今週で終了★
■藤井保「NORTHERN PARK」 @MA2 Gallery(恵比寿) ★6/23で終了★
■「ミニチュア写真の世界展」 @TODAYS GALLERY STUDIO(浅草橋) ★6/24で終了★
■Do We Dream Under the Same Sky?(僕らは同じ空の下で夢を見るのだろうか?) @カオス表参道(表参道) ★6/24で終了★
■大槻香奈「人形と幽霊」 @Gallery Yukihira(国立) ★6/24で終了★
■「菅 木志雄 - 写真と映像」 @8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery(渋谷) ★6/25で終了★
■エレナ・ノックス THE FEMALE IS FUTURE @ギャラリー・ハシモト(日本橋) ★6/23で終了★
■うしお「なかきよの とおのねふりの みなめさめ なみのりふねの おとのよきかな」 @gallery N 神田社宅(神田) ★6/23で終了★
■NAKAMA de ART @帝国ホテルプラザ1階(有楽町) ★6/24で終了★
■レッドハウス展 @TALION GALLERY(雑司が谷) ★6/24で終了★
■ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容 ―メタモルフォーシス @パナソニック 汐留ミュージアム(汐留) ★6/24で終了★
■JAGDA新人賞展2018 金井あき・花原正基・福澤卓馬 @クリエイションギャラリーG8(新橋) ★6/26で終了★
■鴻池 朋子 + ニンケ コスター 「ダイアログ」 @GALLERY MoMo Projects(六本木) ★6/23で終了★
■どう⽣きるか #2 六本⽊にて @シュウゴアーツ(六本木) ★6/23で終了★
■落合陽一、山紫水明 ∽ 事事無碍 ∽ 計算機自然 @EYE OF GYRE(表参道・明治神宮前) ★6/28で終了★
■ 「コンポジション ー モノが持つルール」展  @ATELIER MUJI(有楽町) ★6/24で終了★
■五木田智央「PEEKABOO」 @東京オペラシティ アートギャラリー(初台) ★6/24で終了★
■セーラー服と女学生 ―イラストと服飾資料で解き明かす、その秘密― @弥生美術館 1階~2階会場(根津) ★6/24で終了★

******************

【NEW OPEN】

森ビルとチームラボが、6月21日にお台場パレットタウン内に「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」をオープンする。
チームラボにとって都内では初の常設施設となり、約1万平米の空間に世界初公開作品を含む約50作品をラインナップ。「Borderless」をコンセプトにチームラボの世界に迷い込むような展示空間を5つの世界に分けて展開し、ボルダリングやクライミングなど鑑賞者が身体を使って探索できるアトラクションも用意された。

【EVENT】

【EXHIBITION】

休館日:月曜日、7月17日(火)、9月25日(火)、10月9日(火)、12月28日(金)~1月1日(火・祝)、1月15日(火)(ただし、7月16日(月・祝)、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、9月24日(月・休)、10月8日(月・祝)、12月24日(月・休)、1月14日(月・祝)は開館)
観覧料金:一般500円、大学生250円

近代絵画史の「はじまり」に立っていたクールベと、その「終わり」に立ってきたリヒター。後者は前者の絵画を、どのように見つめてきたでしょうか。現代画家のまなざしを介して、国立西洋美術館が所蔵する過去の絵画を、すこし違ったふうに見つめ直すきっかけとなったら幸いです。

本展は、《ダヴィデ=アポロ》《若き洗礼者ヨハネ》というミケランジェロ彫刻の傑作を核に、古代ギリシャ・ローマとルネサンスの作品約70点の対比を通して、両時代の芸術家が創りあげた理想の身体美の表現に迫ります。

1 2 3 4