1. まとめトップ

話題の大人気マルチプレイブラウザゲーム【Agar.io】その攻略方法とは

Agar.ioをプレイしてハマッたので個人視点でまとめてみました。ありふれたような情報等は他の記事を見ていただくとして、あまりヨソ様では書かないようなことを書いてみました。

更新日: 2015年07月02日

aoi_treeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6 お気に入り 53701 view
お気に入り追加

出典bgr.com

なんだその聞いたことないゲーム?と思った方は下記のゲーム紹介ブログ様をぜひご覧ください。
操作方法も記載されています。
まずはプレイしてみることをオススメします。

さて、実際にAgar.ioプレイしていただいた方には理解できるとおもいますが、「おもしろそうだけど、そんなに人気なの?」という点の疑問を払拭できない方もいらっしゃると思われます。

上記の画像(neverまとめの使用上、拡大できなければごめんなさい)は、今同じく大人気のモンスターストライクこと「モンスト」と「Agar.io」をgoogleトレンドで比較した図です。(2015/7/1調べ)
相対比較ですが、モンストと相対比較できるAgarというだけでその人気ブリを伺い知ることができるのではないでしょうか。

【本題】攻略法はココから↓

さて、それでは攻略法をご紹介させていただきます。

ゲームスタート前、の前に

ゲームを始める前に、
・今日中にやっておかなければいけないことはありませんか?
・体調は悪くありませんか?
・気分は優れていますか?
・ゲームよりも大切なものは今現在思いつきませんか?
・睡眠時間を削ろうとしていませんか?
・宿題は済みましたか?
・お仕事は済みましたか?
・ネット環境は万全ですか?
・電気代はちゃんと払っていますか?

以上のことに胸をはって「はい!」と答えられるなら準備はOKです。
(次からゲームについての攻略方法です)

ゲームスタート前に

Agar.ioに接続すれば、「Play」ボタンを押せばゲームは始まります。
しかし、勝負はココから始まっています。

この画面では【絶対にしておいたほうが良い事】と気分に合わせて【やっておいたほうが良い事】があります。

ゲームスタート前に【絶対にやっておいたほうが良い事】

ゲームスタート前に絶対にやっておいたほうが良い事、
それは「show mass」の設定にチェックを入れることです。
ここにチェックを入れることで自分の大きさを正確に知ることができ、そこから戦略をリアルタイムで立てることが可能です。
このゲームは戦略がモノを言います。

ゲームスタート前に気分に合わせて【やっておいたほうが良い事】

その①  サーバーの人数確認
Agar.ioではサーバーが複数台あり、どのサーバーでプレイするかを選ぶことができます。
目安としては

5000人・・・少ない
8000人・・・普通
10000人以上・・・やや多い
それ以上・・・すごく多い、何が起こるかわからない、まだ整理しきれていない

といった体感です。
軽く楽しみたい場合は人が多いサーバーでサクッとcellの一生を終えるのも良いかもしれませんし、逆にじっくりとAgar.ioを楽しみたい場合は出来るだけ人の少ないサーバーを選んでみるのも良いかもしれません。

その日の気分に合わせてサーバーを選んでみましょう。

その② サーバーの負荷状況

Agar.ioではサーバーによって人数に関わらず「重い」とか「軽い」といった現象が見られます。
そのサーバーが自分にとって重いかどうかは、実はゲームスタート前から確認することができます。

といっても、「play」ボタンを押す前に背景に実際に画面が薄暗く表示されていますので、それを見てこれくらいなら我慢できそうかを判断しましょう。

ラグ等はここぞという時にやってくるものです。

ゲームスタートの準備はできましたでしょうか?
前述したもの以外にも、

・そもそものサーバーに集まる人の質
・名前による対人感情
・名前によるスキンが及ぼす対人効果

等々ありますが、書き出すとそれだけで大容量になっちゃいますので興味がある方は他を参照することをオススメします。

ゲーム開始~mass40まで

ゲーム開始~mass40まではひたすらドットを食べて大きくなってください。
他プレイヤーも無理にこちらを食べようとはしませんし、食べられたところでやり直しも面倒ではありません。

分裂可能なmass40を目指しましょう。

mass40~

さて、ここからが分岐点です。
大きく分岐する点は2点あります。

A:このまま分裂せず、ドットを食べて成長する
B:分裂し、効率よくドットを食べて成長する

これだけ見るとBに利点があるように見えますが、Aには他プレイヤーから食べられ難いといった利点があり、どちらも一長一短です。

人が少ないサーバーであればBですし、
人が多ければAを選択すればトータルで見て次のステップに進む時間を短縮できるでしょう。

また、分裂をすると視野が広くなることは大きな利点となります。
しかし経験上、分裂をすると他プレイヤーの「食欲」をどうやら煽ってしまうようです。

トゲトゲしている「ウィルス」cellですが、こちらは大体の場所をつかんでおくといざという時に頼りになります。

mass100~

このあたりから機会があれば捕食を考えても良いのではないでしょうか。
最大限分裂しても自分のcell数は4であり、全体の機動力としては最低限確保しておきたい境界点であると思います。(自分のcell数が7以上になると非常に管理が難しい&絶好のカモになる)

捕食するときですが、まだ移動し易い時期ですので小物でも分裂で食べてしまってかまわないです。

mass100程の時に小さいcellに沢山分裂したプレイヤーを見つけることができたなら、それはラッキーです、捕食しやすい&massとして充分量が期待できるので、近くに脅威がなければ迷わず捕食しましょう。

とはいえ、着実にある程度大きくなりたい方はドットを食べていてもまだまだ育てる段階です。

mass450~

自壊(何もしないとどんどんmassが減っていく現象)が気になり始める時期です。
常にドットがある場所を選びましょう。
基本的に捕食を考えた戦略が必要になってくる頃です。

それも、「捕食の質」が重要なキーとなります。

捕食するためには相手にほぼ重なることが条件となってきますが、壁に追いこめるなど特殊な状況を省くと、「分裂時の高速移動」くらいしか方法がありません。

分裂はspaceキーで進行方向に自分の半身を飛ばし、飛ばし先に半身よりいくらか小さなcellがあった場合捕食します。

前述した「捕食の質」とは、一回の分裂(捕食)による獲得できるmassのことです。
分裂することによって視野が広がり機動力が増す、という利点はありますがそもそも食べられやすくなってしまいますのでリスクは高いです。

じゃあどうするか。

捕食しつつ効率よく大きくなればリスクを低減できるじゃないか、と。

良いケースを考えると、
小さいcellに目掛けて分裂体を飛ばせば、食べやすい&分裂体もその分大きくなる

分裂体が大きくなった分、捕食前までは食べられなかったサイズの細胞を捕食できる、
というのが一般的だと思います。

具体的な例でいうと、
中くらいなcellが少し大きめなcellに追いかけられていたところに遭遇した。
自分は分裂でまず中くらいなcellを飲み込んで大きくなり、巻き添えで大きなcellも飲み込んだ。

というケースです。

そのほかにもまさにケースバイケースで「ここぞ」というチャンスを逃さないために、
spaceキーを押した際の分裂スピードとラグなどに慣れておくことも重要だと思います。

ポイントは捕食目的の分裂の際に、捕食した後どうなるかを想像できるか、です。

mass1200~

ここまでくるとランキングに自分の名前が載ってくる頃です。
分裂さえしていなければ脅威は同じくランキングに載っているほかプレイヤーとなります。
しかしこれ以上大きくなるためには分裂して捕食を効率的に行っていく必要があります。

注意点は
・上位ランカーの奇襲に備えての退路確保(壁位置の把握)
・トゲトゲウィルスの位置把握
でしょうか。
ある程度、小さい頃に予習しておくと良いでしょう。

ここより上に行くには、
「人と人との心理戦」が重要になってきます。

戦法はすでにWEB上にあるようなので、それらを参考に頑張ってください。

最後に投げやりになってしましましたが、健闘をいのります。

1





aoi_treeさん