1. まとめトップ

デジタルフィルムカメラ「Blackmagic Cinema Camera」について

デジタル画質でフィルム画質に最大限近づけるBlackmagic Cinema Camera(BMCC)とBlackmagic Pocket Cinema Camera(BMPCC)についてまとめました。

更新日: 2015年07月16日

4 お気に入り 1805 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■最大の特色は13ストップのダイナミックレンジによるフィルムライクな質感

すべてのフレームを広いダイナミックレンジで収録するため、クリッピングのない明るいハイライトや、リッチなディテールとシャドウが得られます。

Blackmagic Cinema Camera

センサーサイズは15.81mm x 8.88mm
フルサイズ換算で約2.2倍

フルサイズ50mm相当の画角を得るには24mm以下のレンズを装着することになる。

対応マウントはPL、EF、MFTレンズ。

24p撮影時のシャッター開角度とシャッタースピード

360 = 1/24
270 = 1/32
180 = 1/48
172.8 = 1/50
144 = 1/60
90 = 1/96
45 = 1/198

Blackmagic Pocket Cinema Camera

ワイド・ダイナミックレンジ撮影可能。
マウントはマイクロフォーサーズに限られる。

センサーサイズは12.48mm x 7.02mmとなるため、フルサイズ換算で1/3の焦点距離となる。

最大1920 x 1080でのHD撮影が可能。

BMPCCはセンサーサイズの設計上レンズ焦点距離が本来の2.88倍になる。つまり18mmん広角レンズをつけても約3倍の54mmの画角になってしまうため、広角側の領域をどうカバーするかがネックだった。しかしMETABONES社のSPEEDBOOSTERというアダプターを介することで、焦点距離を1.66倍にすることができる。18mmレンズは30mm相当の画角を実現できる。

1