1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

あなたの家にある無線LAN、勝手に使われている可能性があります

多くの家庭にある無線LANですが、他人に勝手に使われている可能性があります。不正に遠隔操作され、盗撮される可能性があります。また、「犯罪インフラ」になり、あなたが被疑者として捜査対象になることがあります。もし、暗号化方式が「WEP」の場合は、リスクが高いと考えた方がいいでしょう。

更新日: 2015年07月02日

27 お気に入り 22134 view
お気に入り追加

・現状でできることは、やっておいた方がいいかもしれません…

WPA2-PSK+AESでMACアドレス制限、ステルスSSIDしてるけど今のところ万全?住宅密集区域に加えて人通りも多いからリスク高い

▼ 対策:暗号化キー(いわゆるパスワード)を変更する

パスワードと言うよりも、暗号化キーと表現するのが正当な表現

大半のルータが本体貼付のラベルシールに記載されているため、不特定多数の人を室内に招き入れる環境では、盗み見られてしまう

・普通のパスワードとは違うことに注意(長く複雑なものにする)

WEPでのパスワードと、安全なWPA・WPA2でのパスワードが同じになっていることがある。パスワードの変更も検討しよう

▼ 対策:「MACアドレスフィルタリング」は気休め程度か…

・実際には、不正接続の防止効果は小さいのかもしれない

「WEP」を使用せざるを得ないときに、「MACアドレス接続制限」を加えることに意味があるかというと、全く意味がない

1 2