1. まとめトップ

ジョニー・デップ、南フランスに保有している別荘地を約32億円で売却へ・・規模は東京ドーム約3個分!

世界的に有名なセレブ俳優のジョニー・デップ、このほどジョニーがプライベートで訪れていた南フランスにある別荘地を約32億円で売却されている事が明らかになり話題を呼んでいる。ちなみにジョニーが売りにだしている別荘地の規模は東京ドーム約3個分の広さだと言われかなり大規模であることが分かる!

更新日: 2015年07月02日

alive1984さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 2443 view
お気に入り追加

・ ジョニー・デップ、南フランスに保有している東京ドーム3.3個分といわれる別荘地を約32億円で売却中!

ジョニー・デップが、フランス南部のサントロペ近郊にある村を売りに出している。

売りに出されたのはフランス南部サントロペ近郊のプランドラトゥールにある不動産約15ヘクタールで、売り出し価格は2576万ドル(約32億円)。

敷地内にはデップさんの邸宅のほか、ゲスト用コテージ、チャペル、バー、レストラン、プールなどの施設が点在する。

その物件はヴァネッサ・パラディと交際していた際に購入したもので、ジョニーは子供たちとたびたび休暇をそこで過ごしていたというが、アンバー・ハードと結婚した今、同物件を売却することで人生の前章を閉じたいと考えているようだ。

どうやらジョニーはヴァネッサと交際していた際に南フランスに別荘を買ったそう!

交際相手だったフランスの女優ヴェネッサ・パラディさんと15年間過ごした場所だったと思われる。

購入を検討している人のために、ロケーションは抜群だということを伝えておこう。カンヌからは車で1時間で、コートダジュールのリゾート地・サントロペからも近い。

現在ジョニーは妻にアンバー・ハードをもちよい関係である!

思い出の品ともしっかりと別れを告げ綺麗サッパリになりたいんでしょう。。

話題の別荘地は家具やアンティークなど込みでの売却となっているようだ!

物件はジョニーが選んだすべての家具込みで市場に出ているようだ。

かなり自分色に染めた一件 そんな思い入れのある別荘を売ってしまうんんですから

おそらくヴァネッサに対する心の曇りを少しでもはやく払拭したいんでしょうね。

ワインカーブは「パイレーツ・オブ・カリビアン」がモチーフ。かつての教会はゲスト用棟、ざんげ室はタンスになっている。

仲介しているサザビーズの国際不動産部門によると、デップさんは2001年にこの一帯を取得。建物一つひとつに手間をかけて修復や装飾を施し、これまでに1000万ドル(約12億円)以上を注ぎ込んできたという。

サザビーズの会長アレクサンダー・クラフト氏はジョニーの別荘地に売却についてこのように語る

サザビーズのフランス部門の会長アレクサンダー・クラフト氏は「ジョニーは人生の今の章を閉じるために、プラン・ド・ラ・トゥールの物件を売ることを決めました。自分に幸せをもたらしてくれた物件を同じように誰かが楽しんでくれることを願っています」と話す。

室内には絵画やアンティーク品、楽器などが飾られ、メディアにほとんど露出しないデップさんの私生活の一端をうかがわせる。

1 2





主に海外ニュースを中心にまとめ記事を作成しています。

その他ざっくばらんにまとめ記事を作っていたりと・・臨機応変にやっていますので宜しくお願いします。