1. まとめトップ

サウジの王子は寄付金額も凄かった! 全財産約4兆円を慈善事業に寄付へ

サウジアラビアのアルワリード・ビン・タラール王子(60)が1日、320億ドル(約3兆9000億円)の全財産を今後数年間にわたって慈善活動に寄付すると発表した。ニュースをまとめ。

更新日: 2015年07月03日

2 お気に入り 1042 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

isaaccさん

○全財産の寄付を発表

全財産の寄付を発表したサウジアラビアのアルワリード王子

サウジアラビアのアルワリード・ビン・タラール王子(60)が1日、320億ドル(約3兆9000億円)の全財産を今後数年間にわたって慈善活動に寄付すると発表した。

○医療関連や女性の権利向上などの分野に分配

医療関連や女性の権利向上などの分野に分配

資金は自身の名を冠した慈善団体を通じ、医療関連や女性の権利向上などの分野に分配されるという。

王子はこの金額は自らの全財産で、女性や若者の社会的地位の向上、自然災害の救済や病気の根絶など人道的プロジェクトに充てると述べた。

アルワリード王子は、自身の寄付金は、「文化的理解を育み、地域社会を発展させ、女性に自信と、若者には可能性を与え、重要な災害救助を行い、より寛容な世界を生む一助となるだろう」と述べている。

○欧米企業にも投資

サウジアラビアのリヤドで、記者会見を開いたサウジのアルワリード・ビン・タラール王子
(2015年7月1日撮影)

自らが株式95%を保有する投資会社キングダム・ホールディングを通じて資産の大半を管理しており、シティグループ、アップル、ツイッター、タイム・ワーナーなどの米企業にも投資している。

ウォール・ストリート・ジャーナルの発行元、ダウ・ジョーンズ経済通信を傘下に持つ米ニューズ・コーポレーションの株式も保有する。

「ディズニーランド・パリ」を運営するユーロディズニーに投資している。

○王子自身が信託基金のトップに就任することも発表

この財産は「今後何年のうちに、計画をよく練って配分していく」とアルワリード王子は述べる一方で、寄付金の使用限度はないことを強調した。

同王子は、この財産をどのように利用していくかを計画する信託基金のトップに就任することも発表した。

この基金は王子の死後も「人道的な計画や動機のために」利用されることになるという。

サウジアラビアを拠点とするチャリティーの多くは王族に関連するものだが、王子が全財産を慈善事業に寄付すると発表したのはこれが初めて。

同王子はサルマン国王のおいで、過去35年にわたり平均で年額約1億ドルを慈善事業に寄付していた。

○アルワリード王子とは?

本名アル=ワリード・ビン・タラール・ビン・アブドゥルアズィーズ・アール・サウード

サウジアラビアの王家サウード家の一員で起業家、投資家。日本のマスコミでは、ワリード・ビンタラール王子と呼ばれることも少なくない。

株式および土地への投資によって富を築いた。アメリカ人(及びアメリカへの移民)以外で最も成功した投資家である。

リヤド士官学校を経てアメリカのメンロ大学、シラキュース大学に留学し、帰国後に事業を開始した。投資事業拡大により資産が40億ドルを超えて、サウジアラビア一の富豪になった。

2006年時点で資産は米ドルでおよそ200億ドルであり、世界で8番目の資産家、アラブ世界では一番の資産家である。2008年の総資産は133億ドルで、世界長者番付22位となっている。

○ネットの声

サウジ王子、全財産3兆9000億円を寄付すると発表 #ldnews news.livedoor.com/article/detail… イスラム教徒の行うべき事の一つに「喜捨(富めるものが貧しい人に施す)」と言うものがあるが、それでも4兆は凄いな…

1 2