ドラック依存、過剰な性欲を持て余しながらもヨーコとの性交渉は彼女が拒絶していた事によって殆どなく、元の不倫相手であるメイパ ンとの関係は続けていた

出典クソ野郎としてのジョン・レノン|高瀬大介の「日本浅薄進行会」

*ジョン・レノンには、オノ・ヨーコ以外の相手が必要となっていた訳です。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ジョンレノンの愛人だった「メイ・パン」とは?オノ・ヨーコの依頼で付き合った秘書

1970年代前半にオノ・ヨーコとジョン・レノンの関係が崩れた時には、秘書として雇われていたメイ・パンがジョン・レノンの愛人として一緒に同棲生活をしていた事が明らかになっています。メイ・パンによると、オノ・ヨーコの依頼もあったという事で、それは事実のようです。

このまとめを見る