1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

pink888999さん

モデュレックス

モデュレックス 事業所所在地

本社(東京)
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南 1-20-6
第21荒井ビル
Tel. 03-5768-3131(代)
Fax. 03-5768-3690


大阪
〒541-0041 大阪府大阪市中央区北浜4-1-21
住友生命淀屋橋ビル2F
Tel. 06-7167-2474
Fax. 06-7167-2477


福岡
〒810-0041 福岡市中央区大名1-8-30-1
Tel : 092-732-4211
Fax : 092-732-4311


ModuleX factory
〒124-0006 東京都葛飾区堀切1-20-19
Tel : 03-5672-7712
Fax : 03-5672-7736


Singapore
ModuleX LIGHTING SOLUTIONS
(SINGAPORE)Pte.Ltd

18 Teck Lim Road,#01-01,
Singapore 088390
Tel. +65 6221 5140

New York
ModuleX AMERICAS, Inc.

595 New Loudon Road, Suite 207,
Latham, N.Y., 12110, U.S.A

London 
CONCORD Lighting [Distributor]

1、照明器具ならびに光学機器の製造、販売、輸出、輸入
2、電子ならびに電気機器の製造、販売、輸出、輸入
3、照明の設計 施工
4、前各号に付帯する一切の事業

取扱商品
ModuleXブランドの高付加価値機能照明器具
MODsブランドの高付加価値屋外用機能照明器具
Optical ModuleXブランドの産業用光学機器
MRブランドのプロフェッショナルライティングデザイン

多様な「光の効果」を「機能の組み合わせ」で実現する
プロフェッショナルのための総合照明ソリューション体系
“ModuleX Lighting Solutions”

コイズミ照明株式会社

<住宅照明事業>

照明器具の企画・開発から照明プランの提案まで、住まいのあかりをトータルにプロデュース。ライフスタイルの変化や住宅設計の方向性を見据えながら、常に的確なハードとソフトを提案し、快適で楽しい住まいづくりをサポートします。

<店舗照明事業>

店舗の設計・運営において照明は重要な役割を担っています。
コイズミは物販店・飲食店を中心とするさまざまな集客施設を対象に、個性溢れる空間づくりやコストパフォーマンス向上を支える照明器具を開発。さらに豊富な経験とノウハウによって的確な照明計画を提案し、繁盛する店づくりに貢献しています。

オーデリック株式会社

<LED LINE>

業種や設置場所に応じて適したあかりの色があります。昼光色タイプ(6500K)なら、さわやかで活気のあるスペースが作れます。また、電球色タイプ(3000K)なら、ゆったりとくつろげる飲食店にぴったりです。3タイプの光色からイメージに あったものをお選びください。

照明・ライティングとは

照明・ライティングとは

照明(しょうめい)は、各種光源を利用して、何らかの目的をもって特定の場所を明るくする行為や機能のこと。夜間や暗所での視環境を良くしたり、光を利用して空間のイメージに変化を加えるために用いられる事が多い。舞台や映画撮影、写真撮影ではライティングと呼ばれることが多い。そのために、照明をデザインする職業を照明デザイナーまたはライティングデザイナー、撮影監督と呼ぶことも多い。

広義には自然光(太陽光や月光)の利用も含めて照明と呼ぶが、より一般的には白熱電球、蛍光灯、ランプ、LEDなど、多種多様な照明器具が発する光(人工光)によるものを指す。カーテンやブラインドによって外光を遮ったり、照明器具によって発せられる光の強さや方向を調節することを調光(ちょうこう)という。

・照明方式
光源と作業面との関係で、次の3つに分類される。

直接照明
光源からの直接光で作業面を照らすもの。一番効率が良いが、照度が不均一になりやすく、まぶしさを感じて目が疲れやすい場合がある。
間接照明
光源からの直接光を使用せず、壁面・天井面などで反射させてから作業面を照らすもの。効率は悪くなるが、照度を均一にしやすく、雰囲気のある照明が可能である。
半間接照明
直接光と反射光を組み合わせて作業面を照らすもの。

また、作業面と室内の他の部分との関係で次の3つに分類される。

全般照明
室内全体を均一の照度になるように、一定の間隔で照明器具を配置するもの。
局部照明
作業に必要な部分のみ照明を行うもの。省エネルギーの効果があるが、照度が不均一になるため目が疲れやすくなる。
全般局部併用照明
全般照明と局部照明を併用するもの。

他に「バックライト」と呼び、透過式のメーターや液晶ディスプレイのように、空間を明るくするのではない使い方もある。

様々な照明の種類

照明の器具の種類


灯台(とうだい)
室内を照らす照明器具で、支柱の上に皿を乗せ、灯油を満たして紐状の灯心に火をつける。
灯籠(とうろう)
外部を明るくする為の照明。内部に蝋燭を入れ障子紙で火が消えないように工夫している。蝋燭の光が障子を通して外を照らす。昔の外灯。材質は木又は石
行灯(あんどん)
灯明の周囲を枠で囲み、障子紙を貼ったもの。主に室内で使用されるが看板として店の軒先に掛けたものもある。
提灯(ちょうちん)
竹ひごを筒状に組みその周囲に障子紙を張ったもの中に蝋燭が入っている。蝋燭の明かりが障子を通し外を照らす。夜にこれを持ちながら歩くと道中の明かり取りになる。家の前にかけておくと外灯にもなる。また使用しない時は上下から折り畳む事が出来る。周りに障子紙が貼られているので風で火が消えることはほとんどない。また上下に穴が空いて空気が通るため酸素不足で火が消えることもない。昔の懐中電灯で、現在実用として使われることはほとんどない。発展形として龕灯(木などで作られ背後に握りの付いた桶状の胴部を持ち、中の蝋燭立が常に正立する様仕組まれた、云わばサーチライト)がある。
国民ソケット
電球を直接取り付けるためのソケット。
ペンダントライト
部屋の天井からぶら下げるタイプの照明。
ブラケットライト
壁面に取り付けるタイプの照明。
ダウンライト
天井へ埋め込んで真下を照らす照明。天井面から壁面を斜めに照らすウォールウォッシャー型のタイプもある。
シーリングライト
天井面に直接付けるタイプの照明。
スポットライト
一部分を集中して照らす照明。
映像照明
映像業界で主に使われる照明。
サーチライト
特定の物を追いかけながら集中して照らす照明。
舞台用照明
ホリゾントライトなど詳しくは舞台照明の項を参照。
レーザー
発振源を高速で動かして、スクリーンやスモーク中にパターンを描く。
懐中電灯

など

株式会社 遠藤照明

社名 株式会社 遠藤照明
創業 1967年9月
設立 1972年8月
資本金 51億55百万円
事業内容 ●各種照明器具の企画・デザイン・設計・製造及び販売
●インテリア家具・用品の販売
決算期 年1回 3月31日
売上高(連結) 401億38百万円(2015年3月期)
従業員数(連結) 1,859名(2015年3月末現在)
役員

代表取締役会長
遠藤 良三
代表取締役社長
遠藤 邦彦
常務取締役
鍛冶谷 栄司
取締役
佐川 武志
取締役
北村 壽
取締役
中村 嘉宏
取締役
菊池 一郎
取締役(社外)
馬塲 孝夫
常勤監査役(社外)
藤田 和男
常勤監査役
高崎 秀夫
監査役(社外)
坂本 修
監査役(社外)
村井 潤

取引銀行 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
りそな銀行
みずほ銀行

オリジナル照明器具の製造をルーツとした照明事業は、ENDOの最もコアとなる部門です。
複合ショッピングセンターや海外ブランドショップ、飲食店、
アミューズメントなどの商業施設および公共施設など、
建築のあらゆる分野の空間価値を高める照明提案を行っています。
先進の光学技術を駆使した、クオリティの高い商品とライティングプランは、
日本の商業施設照明市場でトップシェアを獲得し世界でも高い評価を得ています。
現在、空間の対象は、駅舎などの公共施設、ホテル、医療・福祉施設、
さらには再開発の景観・ランドスケープ分野にまで広がっています。
照明器具デザインや明るさだけでなく、求められる光の質を探求。
ENDOは常に時代の要請とトレンドに応え、顧客の潜在ニーズを刺激する光を提案しています。
さらに、照明分野以外においても、高付加価値空間の創造のために必要な研究を進め、
さまざまな成果を上げています。
これからも、研究と商品開発、生産と品質管理、
営業や物流の各セクションがコラボレーションし、空間における光のあり方を探求します。

コラム1 照明に関する短編映画

照明に関する短編映画が、1960年代及び1970年代に1本ずつ製作されている。

このうち、1960年代に製作されたのは『光の技術』と題された約18分間の短編映画で、松下電器産業(現・パナソニック)の企画の下、東京シネマ(現・東京シネマ新社)により1961年に製作されている。

当映画作品では、光源となる白熱電球や蛍光灯の製造過程を克明に追うと共に、蝋燭から電球そして蛍光灯に至る光源自体の進化のステップを追いかけ、更に新たな光源を追求すべく研究開発の歩みを進める姿もとらえている。

なお、当映画作品を企画した松下、つまり現在のパナソニックは、去る2012年10月末日を以て白熱電球の製造を終了している[2]。

他方、1970年代に製作されたのは『あかり』と題された約30分間の短編映画で、科学技術庁(現・文部科学省ほか)の企画の下、ヨネ・プロダクションにより1976年に製作されている。

この映画では日本に於ける照明の歴史を辿ることにほぼ終始した内容となっているが、弥生時代に発祥したとされる錐揉み式発火法(木と木の摩擦から火を得る手法)や『古事記』にも記録として残る火打石を使った発火法について実演を交えて紹介したり、飛鳥時代の仏教伝来と共にもたらされた灯籠から始まり室内用灯台、行灯、石油ランプ───というふうに現代に至るまでに進化していった照明具の紹介も実物などを交えて為されたりしている。

以上、照明に関連した2本の短編映画は、現在、何れも科学映像館(NPO法人・科学映像館を支える会)Webサイト内に於いて無料公開されている。

山田照明株式会社

1 2 3 4 5 6