1. まとめトップ

【転職の落とし穴】薬剤師の勤務先によるメリットデメリットまとめ

薬剤師で転職する前にまず確認しておきたいのは、業種ごとで違うメリット、デメリットです。自分の優先したい項目を明確にしておきましょう。

更新日: 2016年03月02日

1 お気に入り 5161 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

薬剤師として働く前に知っておきたいこと

休みが多いと思っていたのに実際働いてみたら想像と違った!!

年収が低すぎる!

などとならないように、業種別のメリット・デメリットを知っておきましょう。

ドラッグストアで働くメリット

パートや派遣社員を採用しているドラッグストアも多いため、子育て中のママでも短時間の勤務を選択することができます。

最大のメリットは年収が高いことです。調剤薬局と比べると100万円近く違う場合もあるようです。

ドラッグストアで働くデメリット

正社員になると勤務時間が長く、土日勤務もあるため労働時間が不規則になることがあります。また、忙しいときは薬剤師以外の雑用を頼まれることもあり、肉体労働が比較的多い職場であることも理解しておかなければなりません。

調剤薬局で働くメリット

病院勤務やドラッグストアに比べ、勤務時間が規則的で、長時間の労働になることは少ないようです。

疑義照会やカルテの整理なども自分で行うため、薬剤師として必要なことを幅広く経験できます。

調剤薬局で働くデメリット

病院勤務のメリット

研修体制は病院の方がしっかりしてますし、最新の研究資料に触れたりと、より専門性の高い知識が得られるというメリットはあります。

患者さんと対面しながら踏み込んだ服薬指導を行うことができる点は、病院薬剤師として働くやりがいにつながってきます。

病院勤務のデメリット

夜勤等があるため勤務時間が長くなることが多いです。そのため、子育て中の方には厳しいかもしれません。

製薬会社などの企業で働くメリット

企業は福利厚生や職場環境がしっかりしており、会社も安定しているため将来の不安が少ない

製薬会社などの企業で働くデメリット

1 2