1. まとめトップ

【埼玉】みんな大好きぎょうざの満洲

埼玉県が誇る地域密着型の餃子チェーン店グループであるぎょうざの満洲に関する解説・紹介まとめです。

更新日: 2017年03月05日

moepapaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 31350 view
お気に入り追加

ぎょうざの満洲とは

株式会社ぎょうざの満洲(ぎょうざのまんしゅう)は、埼玉県所沢市に本店を、坂戸市に本社を持つ中華料理を扱う外食チェーン。「3割うまい」のキャッチコピーで埼玉県、東京都に展開している。2012年、JR野田駅店を皮切りに大阪府にも出店を開始。2014年、阪神杭瀬駅店(尼崎市)にて兵庫県初出店を果たした。

キャッチコピーは
「全て自家製」
「3割うまい!!」
「ぎょうざの満洲は駅のそば」
有名な「3割うまい」の意味については、現在は「うまい・安い・元気」の3つで3割とされているが、元は「他店より美味さ3割増し」の意味で付けられたものとのこと。また、売り上げの3割を原材料原価にあてることからも来ている。

料理は半製品の段階から全て自社工場で製造されており、坂戸工場では餃子、生麺、蒸し麺を製造。鶴ヶ島工場では総菜、スープ、タレの製造を行っている。
自社工場で製造した餃子は各店舗へ自社トラックで配送しており、初期からの既存店舗は西武池袋線・西武新宿線・東武東上線沿線の範囲で、上記のキャッチコピー通り、鉄道の駅前に多く所在する。

店舗は全て直営店とし、この種のチェーン店では多く見られるフランチャイズ制を敷いていない。
ラジオCMがTBSラジオやNACK5、ニッポン放送、FM802などで放送されている。

550円の「ダブル餃子定食」など餃子を中心としたメニューのほか、ラーメンなどの麺類、チャーハン、野菜炒め、レバニラ炒めなどの一品料理がある。セットにはライス、スープ、お新香のほかに餃子6個がつく。店内での飲食のほか、持ち帰りの生餃子・冷凍餃子や中華麺などの販売も行っており、店頭や通販による全国配送も可能。また全店舗で日曜日を除く週二回、曜日を決め餃子の割引販売をおこなっている。

メニュー

餃子2皿分に、ごはん、スープがついて、490円!と大変安価です。

ラーメンと餃子のオーソドックスなセットも、なんと550円!!
単品の満洲ラーメンは380円、とこちら、麺類も大変安価です。

画像

基本となる醤油ラーメン

王道の餃子とのセットです。

この赤い看板、のぼりが目印。

季節限定のメニューが出る場合もあります。

キャッチコピーにもなっている「3割うまい」は皿にも印字されていますw

店内食事メニューはほとんどが持ち帰りできます。

店舗ごとに持ち帰り特売日などがあることも。

温泉旅館経営も

1 2





パソコン大好きシステムエンジニア。普段はパソコンを自作したり、ウェブサイト・ブログ作成をしつつ、トランポリン、ホットヨガ、体操、ジョギング等の運動をしている日々。