1. まとめトップ

超穴場のラピュタスポット!佐渡島にひっそり佇む浮遊選鉱場跡

新潟の佐渡にある北沢浮遊選鉱場跡。金銀の採取に使われた施設の廃墟なのですが、まるでラピュタの世界だと密かに話題となっています。金を求めて最先端技術が投入され続けてきた文明の繁栄と衰退、そして廃墟を自然がのみこんでいくという、リアルにラピュタの世界を感じられるスポットです。

更新日: 2017年06月20日

CuteMonsterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6 お気に入り 5957 view
お気に入り追加

日本にあるラピュタの世界を感じられるスポットといえば・・・

などが有名で人気のスポットとなっていますが、他にもありました!

まだあまり知られていないラピュタスポットが!

みなさんご存知でしょうか?
新潟県にもラピュタの雰囲気を味わえる場所があるのですよ。

モデル地とされる他の場所の中に比べるとあまり知られていないようですが、ラピュタファンの間でひそかに話題のスポットです。

北沢浮遊選鉱場跡

相川の北沢地区には発電所やシックナーなど鉱山の近代化に貢献した施設群(国の史跡)が密集しています。もともとは銅の製造過程で行われていた技術であった浮遊選鉱法を金銀の採取に応用し、世界で初めて実用化に成功したものです。戦時下の大増産計画によって大規模な設備投資がされ、1ヶ月で50,000トン以上の鉱石を処理できることから「東洋一」とうたわれました。
https://www.visitsado.com/spot/detail0091/

北沢浮遊選鉱場は、19世紀から20世紀に佐渡金山で採掘された鉱物を抽出するために作られた巨大コンビナート跡である。

1869年に操業されると、いち早く欧米の先進技術を取り入れ近代化を図り、戦時下の1937年、増産体制による大設備投資がなされ、「東洋一」の規模を誇るまでに発展を遂げていた。しかし戦後、佐渡鉱山は縮小され1989年の操業停止後、わずか20年余りで廃墟化していた。

「浮遊選鉱場跡」という名前からしてラピュタっぽい!

私の数少ない遺跡ボキャブラリーの中だと、天空の城ラピュタっぽいかな。浮遊選鉱場という言葉の響きも含めて。

実際に見てもラピュタの世界みたい!

「うわ~~!ラピュタだ!!」
「すごいっすね~!ロボット兵とか出てきそうっすね!」
「言葉を慎みたまえ!君はラピュタ王の前にいるのだぞ!」
 もうね、パズーとシータが最初に降り立ったラピュタの景色ですよ!

ツルの植物が巻きついている感じが本当にラピュタのようで、どれもこれも素晴らしくて何時間いても飽きないと思います。
建物の中に入る事は出来ませんが、真近に行く事も出来るし、至近距離で撮影も出来るので、迫力ある姿を見る事が出来ます。

少し離れて見てみるのもよさそう

到着して驚いた事は意外と広い…!
そしてラピュタみたい!!!
ラピュタ好きの私としては、最高の場所です。
高台から見下ろすと全体が見渡せます。

荒廃した文明施設に、自然の蔦が絡まる姿は、それこそラピュタのよう!初めて見た時は、かなり感動しました。
高台から見下ろしてみると、そのスケールは大迫力!

古代ローマの遺跡のようでもあります

どのような施設だったのかを知らなくても、ここの景色は圧巻。
ローマ?ギリシャ?ラピュタ?
蔦のからまる壮大な廃墟。

ここに古代ローマ人が現れても、ロボット兵が現れても、
普通すぎて、感動しないかもしれない。

ラピュタにしてもここにしても、機能美を追求した文明の成れの果てだと思うと、一種の郷愁のようなものを禁じ得ません。使用していた当時の方々は、このような形で朽ち果てることなど、予想だにしていなかったでしょうからね。

1 2





新規のまとめ作成はやめます。