出典 ry_nonaさんがアップロード

無線綴じ

ホットボンドや製本用ボンド、木工用ボンドなどで、本の背中を固めるやり方。
分厚いコミック雑誌などがこのやり方で製本されている。
小説本やまとめ本などの分厚い本向き。

◆メリット
とにかく厚みに強い。数百ページあっても大丈夫。
丈夫で長持ちする。
ページ数は2の倍数なので自由度が高い。

◆デメリット
手軽さはゼロ。
コツがいるので慣れるのが大変。
道具をそろえるのが結構大変。

この情報が含まれているまとめはこちら

【初心者向け】同人誌を自家製本で作るよまとめ①【基本~中綴じ本篇】

初心者が初心者に向けて書いた、コピー本の作り方まとめです。各種綴じ方の紹介のほか、中綴じ本、無線綴じ本の作り方を解説しています。

このまとめを見る