1. まとめトップ

メルカリとヤフオク、楽天オークションどれが一番売れるのか?

売れそうなところの比較、どこに出したら一番売れるか?売上を少しでも稼ぐために

更新日: 2016年08月18日

60 お気に入り 892453 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

gamesintyakuさん

オークションとかフリマとか色々あるけどどこで売ればいいの?

最近はネットオークションやフリマが増えどこで売ればいいのか迷うことも多いかと思います。

参加者にも偏りがありますので、どこが良いとは一概には言えません。

個々の違いをざっくりまとめますので、出品するものに合わせて使い分けましょう。

フリマとオークションの違い

・オークションは出品後に価格が上昇するが、フリマはしない

固定価格でのみの販売が前提のメルカリとオークション形式の変動価格で販売することが前提のヤフオク!

メルカリはフリマ、ヤフオクはオークションです。

メルカリは最初に設定した金額より、
高くなることはありません。
値上げすることはできますが。

値下げを要請されて最初の金額より
安くなることが多いです。

・買い手が値段を決める → オークション
・売り手が値段を決める → フリマ

値段がわからないものはオークションに出品し、『この値段で売りたい!』というものはフリマなどと使い分けましょう

・フリマは女性向けのサービスが多い

スマホで写真を撮ってすぐに出品できる手軽さで
とくに若い女性を中心に人気が急上昇しているフリマアプリ。

女性向けの商品やスマホの周辺機器などはフリマに出したほうが売れやすい

その他、ファッション、ベビー用品、釣具、アニメなど専門のフリマアプリがあり
買い手としてはマニアックなものを探しやすいが、
会員数が少なく買い手を絞ってしまうため、売り手として利用するメリットは薄い。

オークションサイトはどんなものがある?

ヤフオク

出品条件 Yahoo!プレミアム会員(月額380円税抜)
最大出品数 3,000点
出品手数料 0円
落札手数料 5.4%(税込)※999円以下の落札価格に対して54円(税込)の最低利用料が発生する。
ポイント負担 無し
キャンセル手数料 540円 ※入札後のみ発生する。

落札額の5.4%となっているものが8.64%
54円の最低落札手数料は「999円以下」で適用だったが
「624円以下」に引き下げられた

http://topic.auctions.yahoo.co.jp/notice/rule/post_1315/#02-1

会員数が最も多く、他のオークションサイトより落札数が多く、ほぼなんでも売れる。
出品ページの作成や、落札後のやりとりの自由度は高いが、
出品者によって対応が異なるため少々煩雑でPC初心者には敷居が高い。

楽天オークション (2016年10月31日にサービス終了)

楽天オークションは2016年10月31日(月)をもって終了いたします。ご利用のみなさまにはご不便をおかけすることになり、誠に申し訳ありません。
詳しくは サービス終了のお知らせ をご覧ください。

楽天オークション終了することで、オークションサイトはヤフオクほぼ一択に

出品条件 楽天会員(無料)
最大出品数 3,000点
出品手数料 0円
落札手数料 5.4%(税込)
ポイント負担 1.08%
キャンセル手数料 540円 ※入札後のみ発生する。

参加者が少ないためヤフオクよりは売りにくいが、
出品料金と月額料金がかからないため、出品までの敷居が低い。
取引もある程度決まったやりとりで、システムから指示が来るため迷うことは少ない。

モバオク

出品条件 モバオク有料会員(月額324円税抜)
最大出品数 1,000点
出品手数料 0円
落札手数料 無料
ポイント負担 無し
キャンセル手数料 無料

1 2