1. まとめトップ

人工知能の見る悪夢『Deep Dream』で生成された画像集 #deepdream

Googleの研究者が公開したニューラルネットワークに画像を"描かせる"手法が話題になっています。最近そのソースコードが公開され、一般のプログラマーも簡単に試すことができるようになりました。Web上にコンピュータに描かせた絵を公開する方も多く現れ、この記事ではその画像の一部をまとめています。

更新日: 2015年08月02日

11 お気に入り 35980 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

takeshi0406さん

Deep Dreamとは?

Googleの研究者が、画像認識に使われる人工神経ネットワークが見た『夢』と称する画像を公開しました。捕まる系のお薬をキメた画家の絵にフィルタを掛けたようにも見えますが、どの画像も膨大な写真で学習したニューラルネットワークに、ランダムなノイズだけを与えた結果の出力です。

Googleの研究者はこれをさらに進め、完全にランダムなノイズだけを与えて、人工神経ネットワークが幻視した画像を機械の見る『夢』と称しています。

こちらは数百万枚に上る建物や風景、さまざまな場所の写真を学習させたニューラルネットワークが見た『夢』。

人工知能といって想像されるような知能もない単純な画像処理ネットワークなので、人間の見るような意味の夢はもちろん見ません。しかし人間の夢は睡眠中に外界や体から脳に届いたシグナルを元に記憶を再構成して見ているとも言われており、そうした意味ではノイズから立ち上る記憶を夢と称するのは適切かもしれません。

悪夢のような世界の画像を生成できるグーグルの「Inceptionism」を自分で作れるサイトが登場。ハッシュタグ「#deepdream」で続々アップされている。(昨日のアクセス2位) bit.ly/1Ck2zDC pic.twitter.com/BkefL8Tjv0

画像集

恐ろしくも幻想的な画像集です。

1 2 3