1. まとめトップ

洋画ホラー映画の鬼才監督達とその代表作品!Masters of Horror

世界で活躍するホラー映画監督や脚本家など、人物とその代表作品まとめ。現代のホラー映画の礎となった名作、誰もが知る有名作品、知る人ぞ知るコアな作品、約30タイトル。全作オススメ、必見です。これを観ないとホラー映画は語れない…⁉︎ ※ネタバレ、トラウマ、観覧注意

更新日: 2016年01月25日

creepshow2さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
11 お気に入り 39302 view
お気に入り追加

※ホラー映画作品を主に監督している方々です。
※シリーズ同作品はPart1と代表としています。

◾︎George Andrew Romero

生年月日:1940年2月4日(75歳)
出生地:ニューヨーク州ニューヨーク市
国籍:アメリカ合衆国

ジョージ・アンドリュー・ロメロは、アメリカ合衆国の映画監督。脚本家、編集者、俳優、作曲家でもある。ニューヨーク市出身。父親はキューバ系、母親はリトアニア系。

ゾンビ映画の第一人者。ホラー映画の巨匠、カルト映画の鬼才として知られる。

ジョージ・A・ロメロ氏。
ホラー映画、ゾンビと言えばこのお方。
ゾンビの父ですね。

◾︎Night of the Living Dead

1968年公開のアメリカのホラー映画。

いまや古典となったロメロのゾンビ映画第一作。
死者が蘇り生者の肉を喰うというプロットは“ゾンビ”に新しい定義を作り、多くの亜流を産んだ。

一軒屋に立て篭った七人の男女と怪物の死闘というストーリーはさして目新しいものではないが、ロメロの客観的で冷徹な演出と白黒画面が醸し出す恐怖感は他に類がない。
無尽蔵の亜流作品が溢れる中、この本家シリーズはその後「ゾンビ」「死霊のえじき」と続き、'90年にはリメイク版が製作された。

ナイトオブザリビングデッドはギャグ無しで只怖いだけなゾンビ映画ってのがむしろ新鮮。余分な添加物抜きでとんでもなく面白いし、素直に原点ってすげえなーって気分になれる

ナイトオブザリビングデッド見た。これが元祖なのか。ゾンビ、いやリビングデッドが人間臭くて怖い、○肉むさぼりながらも目がキラキラ輝くおっさんに恐怖。

歴史的作品であり、ゾンビ映画の記念碑的作品。
ニューヨーク近代美術館にも所蔵され、アメリカ国立フィルム登録簿に永久保存登録されている。

◾︎Dawn of the Dead Zombie

『ゾンビ』(国際題: Zombie)は、1978年9月にイタリアで公開されたジョージ・A・ロメロ監督のホラー映画。日本では1979年3月に公開された。

数多くのホラー作品を手掛けている映画監督のダリオ・アルジェントが音響効果、ヨーロッパ公開版の監修及び一部プロデュースを担当して制作費を集め、ヨーロッパでの配給権を得た。当時、無名だったロメロは、本作で一躍有名監督となった。

怖い映画 08 【ドーンオブザデッド】 ロメロ版の原作。邦題は「ゾンビ」。ゾンビ3部作の2作目にして最高傑作。今作を単純なホラーとして見ない映画評論家は多く、未だにこれを超えるゾンビ映画は存在しないとも言われている。

中でも一番の傑作はやっぱりロメロのドーンオブザデッド(日本語は「ゾンビ」)だ あの作品でゾンビのキャラクターが定義付けされて、後の多くの作家に影響を与えたんだもんな

ゾンビのルールを作った作品。
『ゾンビ』と言う呼称も、その他数多く誕生するゾンビ映画も、全てはここから始まった。

◾︎Day of the Dead

1985年7月3日にアメリカで公開されたゾンビ映画。

『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』から続く、ロメロが手がけたゾンビ三部作の第3作目である。7年前に制作された前作『ゾンビ』に引き続き、ダリオ・アルジェントと共同で制作する予定であったが、ヨーロッパの通貨に対して米ドルが高騰したため、アルジェント側からの協力が得られなくなった。単独で資金を調達することになったロメロは脚本を大幅に変更し、規模を縮小して本作を製作した。

『死霊のえじき』観た!やはり“ゾンビ”をのんびり楽しみたけりゃロメロだね!今回もバリエ豊かなゾンビが目白押し。ゆるやかにすすむストーリー、ゆるやかに死んでいく登場人物。前作のようなワクワク感はなく閉鎖的な基地が舞台なんで悲壮感増し増し pic.twitter.com/AHoCy3lXzJ

祝ジョージ・A・ロメロ監督75歳誕生日 「死霊のえじき」(1985) 「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」「ゾンビ」と、もはや伝説なゾンビ三部作の完結編。個人的には本作の哀愁と悲壮感溢れるドラマが一番好きです。切なくホロリな傑作。 youtube.com/watch?v=pf6F-T…

◾︎Creepshow

1982年のアメリカ映画。

5話の短編で構成されたオムニバスのホラー映画。ECコミックに代表される、20世紀中盤に隆盛を誇った“ホラーや犯罪物語を題材としたアメリカン・コミックス”の再現を作品全体のテーマとしている。
製作陣には『ゾンビ』他の監督ジョージ・A・ロメロ、ベストセラー作家スティーヴン・キング、特殊メイクアーティストトム・サヴィーニなど数多くの著名人が名を連ねた。

俺がこの世で一番怖い映画は「クリープショー」。見る機会があっても、見ない。DVDコレクションは500枚以上だが「クリープショー」だけは買わない

殺人いかだ、曹長、父の日、G、など。
クリープショー2DVD版は、廃盤でプレミア取引きになってしまっています…

私は綿密に作り上げられた蟻の巣に水を流し込み、
それを眺めながらフィルムを回すのさ。

ジョージ・A・ロメロ
自己映画評より

◾︎John Howard Carpenter

生年月日:1948年1月16日(67歳)
出生地:ニューヨーク州カーセージ
国籍:アメリカ合衆国

ジョン・ハワード・カーペンターは、アメリカ合衆国の映画監督、脚本家、映画プロデューサー。また、俳優、音楽家としても活動している。

映画監督としては珍しく、自作の音楽も数多く担当し、『ハロウィン』の「HALLOWEEN THEME」や『ニューヨーク1997』のメインタイトルはホラー・SF映画音楽の名作として親しまれている。

ジョン・カーペンター氏。
『13日の金曜日』のジェイソン『エルム街の悪夢』のフレディも、同氏の『ハロウィン』マイケル・マイヤーズがあったからこそ。日本漫画『寄生獣』の生みの親でもある?

1 2 3 4 5 6 7





洋画ホラー映画全般に関する記事をまとめています

このまとめに参加する