1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

極楽とんぼ『9年ぶりの復活』に沸いていた

極楽とんぼ山本が加藤が主催するライブにサプライズ登場し、9年ぶりに共演を果たしました。

更新日: 2015年07月06日

52 お気に入り 155191 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■極楽とんぼ、9年ぶりに復活

都内のライブ「イルネス製作所」に飛び入り参加したという。

06年7月に不祥事で吉本興業を解雇された山本圭壱(47)が、都内で行われたライブ「イルネス製作所」に飛び入り参加して、相方の加藤浩次(46)と同じ舞台に立った。

同劇場は2001年に2人が「極楽とんぼ」として最後の単独ライブを行った思い出の地。

▼9年ぶりに再会に湧くオーディエンス

観に来てた山さんを矢作さんが呼び込んで舞台上に極楽とんぼが揃った。 客席から舞台まで、ご陽気なダンスをしながら歩く山さん。 舞台の上から照れ臭そうに、でも本当に嬉しそうな顔をして、それを見てるカトさん。 そんな二人を見てたら、涙が出てきてしまった。 私は極楽とんぼが大好きです。

イルネス製作所の千秋楽、全部公演後の山さんに持っていかれたー。舞台に上がる通路側の席に居たので舞台に近づいていく山さんを真横で見れたんだけど目が少し潤んでいる様に見え、わぁーとなり、舞台上では矢作さんと吉村さんが泣いていたけど、とにかく極楽とんぼの二人が揃った姿が見れて幸せだった

イルネス製作所3公演、笑って笑って笑い疲れた!!千秋楽で矢作さんの一声から極楽とんぼが同じ舞台に立った事にめちゃめちゃ嬉しそうなイルネスメンバー、みんなスゴくニコニコしてて感極まって涙する矢作さんと吉村さん。加藤さんもタジタジされつつも嬉しそうな本当に最後まで幸せな時間でした!

微妙に世代じゃないというか、僕が見てきた中であまり馴染みがないというかで、正直あの当時もまだ小学生くらいで「へぇ」とかしか思ってなかったし今までも復帰云々に意見も持ってなかったんですが、長い歳月を経てもこうしてお笑い好き達を震えさせる極楽とんぼ、それを今、見てみたくなりましたね。

■再会はトークの途中に突如訪れた

矢作に促される形でステージに上がり、サプライズ登場。

共演した「おぎやはぎ」の矢作兼(43)がトーク中に突如、「山本が来てるんです」と切り出した。

客席で公演を見守っていた山本だが、出演者のおぎやはぎ矢作兼(43)にうながされて舞台に上がった。

観客らの拍手に押されて山本は客席から舞台へ上がり、加藤と並んでツーショットに。

■加藤が涙ぐむシーンも

「いつか2人でやりてえなと思ってた」2人でコントをやりたいという気持ちが溢れてきたんでしょうね。

加藤から「まず、謝れ」と言われた山本は、「これから一生懸命がんばります」と話した。

山本は「(同ライブ出演の)オファーを待っていた」とすねてみせたが、加藤は「セリフを覚えないお前は無理」。

加藤は「山本もライブやり始めたから、いつか2人でやりてえなと思ってた」と涙ぐんだ。

加藤浩次は山さんに謝罪を促した時にちゃんと「お前が出てきて嫌な思いをする人もいるんだぞ」って言ってました。でもその上で「続けてれば絶対(極楽とんぼ復活は)ある」って言ってた。山さんが「もしかしたら」って言っても「絶対、続けてれば絶対」って言った。加藤浩次は漢です。

■会場は大歓声に包まれた

加藤らが出演するフジテレビ系「FNS27時間テレビ」(25~26日)の出演をおねだりしたが、加藤は「絶対ない!」と軽妙な掛け合いを披露した。

しかも最後、山本さんが出てきた時に静かに吉村と矢作さんが泣いてて…。最後に極楽とんぼで単独やったのがグローブ座で、その時吉村は手伝いやってたらしく、色々思い出した所もあるんだろうなぁ。良い光景でした(´;ω;`)

共演者も泣いてたんですね…。

山本は今年1月に東京・下北沢でソロライブを行って、8年半ぶりに活動を再開。

1 2