1. まとめトップ
  2. カラダ

昨日よく眠れた?梅雨の時期に眠れないのには理由があった!

なんだか最近眠れない…それは梅雨のせいかもしれません。

更新日: 2015年07月06日

109 お気に入り 82140 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

growing-upさん

▽最近なんだか眠れない…

▽それってもしかしたら「梅雨のせい」かも

季節の変わり目は体温調整ができにくい、特に梅雨明前後は急激に気温が上がることがあり、体温調整ができず寝つけても睡眠途中で覚醒してしまうことがよくあります。

梅雨には体温調節が難しくなっちゃうんですね。

セロトニンは精神的な安らぎを与える物質ですが、不足すると眠れなくなります。

確かに梅雨の時期はあまり太陽の光を浴びませんよね。

急激に気圧が変化すると、体がその気圧の変化に追い付かないので、交感神経の働きがおかしくなってしまうのです。

気圧の変化にも追い付かない。

▽ジメ~っとした空気も睡眠を妨害してる

寝つく際には人は快適な状態にあればあるほど寝つきやすくなります。しかし、この寝つきを妨げるのが湿度なのです。

不快なベタベタ感で夜中に起きてしまったり、朝起きても疲れが取れていない、と感じることが多くなります。

べたべた感はなんとも不快。

▽寝つきを良くするにはどうしたらいいの?

体温を上げるには、早めに風呂にはいり、38度~40度程度の温めのお風呂に10分以上り、寝る前に軽いストレッチ運動をするのが効果的です。

睡眠前に逆に体温を上げると自然と体温は下がりやすくなり寝付けます。

湿度の高いのは誰でも不快なもの。
梅雨のじめじめした時季にはエアコンで除湿をするか
ふとん乾燥機などを使って爽やかに過ごしたいものです。

雨が降っていて太陽が出ていなくても、太陽光は降り注いています。
もちろん、晴れた日と比べると弱いですが、それでも室内よりかははるかにましです。

眠る前はテレビやパソコン、携帯の画面は見ずに、脳を興奮させて熱がたまらないようにしましょう。

1