1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

本来の目的忘れてない?最近の世界遺産のあり方が疑問視されてる…

「明治日本の産業革命遺産」がユネスコの世界遺産に登録が決定しました。喜ばしい反面、観光資源目的の意味合いが強くなっている、最近の世界遺産のあり方が疑問視されています…

更新日: 2015年07月09日

69 お気に入り 92372 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

霧生幻さん

国内では三年連続!19カ所目の世界遺産登録が決定!

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は「明治日本の産業革命遺産」(8県の23資産)を世界文化遺産に登録すると決めた。

「明治日本の産業革命遺産」は、19世紀末から20世紀初頭に、日本の近代化を牽引した製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業に関連する遺産で、現在も稼働する工場を含む23の構成資産からなっている。

九州・山口を中心に8県の23資産で構成する遺産には早速、大勢の観光客が詰めかけ、にぎわいを見せた。

Just inscribed as @UNESCO #WorldHeritage Sites of #Japan’s Meiji Industrial Revolution: Iron and Steel, Shipbuilding and Coal Mining

自民党の谷垣禎一幹事長は6日の記者会見で、「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録が決まったことについて「わが国はさらに観光産業などを振興していかなければならない。非常に大きなインパクトがあるのではないか」と歓迎した。

明治日本の産業革命遺産は安倍政権が推進する成長戦略のために経済効果を見込める候補として世界文化遺産登録を推挙してきた経緯もある。

これまでも各地の世界遺産に登録されたスポットは、観光客が急増し、地域経済への波及効果をもたらしてきた。

今回は8県にまたがるという日本では異例の世界遺産となった。観光振興をより効果的にするためなるべく多くの資産を理解してもらい、さらには周遊をも促すような新たな戦略が求められる。

観光や経済効果に注目が集まりがちだけど…そもそも「世界遺産」の本来の目的って?

世界遺産の目的ってなんなんだろう? 観光地化して、観光業関連を儲けさせる為でないよね?

画像は世界遺産条約が採択されるきっかけとなったエジプトの「ヌビア遺跡群」。ダムの建設により水没の危機に瀕した遺跡を救うために50カ国以上が協力して、神殿を約60m上の丘に移設した。

世界遺産は、観光振興など経済的側面から登録されるわけではない。本来の目的は人類共通の遺産を後世に引き継ぐことにある。

世界遺産に指定されると、国際条約上の「保全義務」が課されます。

国や民族の枠にとらわれず、世界各地の自然や文化財を、人類共有の財産として守る。それが世界遺産条約の目的です。

もともとは、エジプトのヌビア遺跡を、ダムの建設による水没からの救済に成功したこと(移築が実現)が現在の「世界遺産リスト」を作る大きなきっかけになっています。

世界遺産とは、地球の生成と人類の歴史によって生み出され、過去から現在へと引き継がれてきたかけがえのない宝物です。現在を生きる世界中の人びとが過去から引継ぎ、未来へと伝えていかなければならない人類共通の遺産です。

私たちは世界遺産を“観光スポットのひとつ”とばかり捉えるのではなく、“守るべき遺産”とする意識をもっと高めるべきなのかもしれません。

けど…最近は本来の趣旨から外れた世界遺産への申請が増えてきている…

日本をはじめとする先進国では、世界遺産は観光における"お墨付き"の意味合いが強く、お墨付きによって同時に発生する「認められた価値を守る」という意義は忘れられがちだ。

日本における世界遺産は、どうも観光資源としての「格付け」制度のような利用のされ方が近年殊に際立ってきており、非常に間違った方向に行っているといえます。

ミシュランガイドやトリップアドバイザーなど、もう少し「商業より」の民間格付けは世の中に存在するのですから、観光振興を旨とする場合には、そういった別の形での認定を目指すのが筋といえる

もはや闇に雲に世界遺産を望む動きに、そろそろ終止符を打つべきだ。その選定基準の偏りや、観光資源を目指した申請の増加、経済効果への疑問、保護が義務付けられることで新たな開発を妨げるなど、様々な問題が指摘されるようになっている。

そもそも世界遺産は、人類の宝を開発や紛争による破壊から守ろうという理念で生まれたもの。決して観光地へのお墨付きじゃありません。ホント、これ絡みで使われているあれやこれやの労力ぜんぶ、本当に危機に瀕している遺産にまわしてほしいです。

韓国のイチャモンで世界遺産登録が揉めているようだが、これを機にすべての遺産登録を見直すべきではなかろうか。世界遺産というブランドにどれほど価値があるか知らないが、あまりにも商業主義観光化が過ぎるのではないか。逆に歴史的価値を毀損しているようにも思える。

決して文化や歴史を軽んじているわけではないの。世界遺産と言うブランド力だけに注目しているような気がするだけ。観光地化目的なんでしょ?って冷やかす前に、世界遺産の本当の定義・意味を理解してほしい。

ユネスコ世界遺産。この登録を必要以上にありがたがる風潮、ええかげんやめませんか。登録されてる遺産の数、圧倒的に欧州諸国に偏ってるじゃないですか。ちゃんちゃらおかしいってんですよ。ユネスコなんぞに認めてもらわんでも、イイものはイイんです。

なんで日本人は世界遺産に登録されるのがそんなに嬉しいのかなぁ。「世界の宝」にならないとその価値を確認できないのか。

1 2