日本をはじめとする先進国では、世界遺産は観光における"お墨付き"の意味合いが強く、お墨付きによって同時に発生する「認められた価値を守る」という意義は忘れられがちだ。

出典富士山「世界遺産」の立役者たち(1)国内外への広報が実を結ぶ | 広報会議 2013年9月号

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

本来の目的忘れてない?最近の世界遺産のあり方が疑問視されてる…

「明治日本の産業革命遺産」がユネスコの世界遺産に登録が決定しました。喜ばしい反面、観光資源目的の意味合いが強くなっている、最近の世界遺産のあり方が疑問視されています…

このまとめを見る