1. まとめトップ

水族館を超える水族館!光とCGが魅力の【アクアパーク品川】へ行こう♪♪

品川に2015年7月10日(金)オープンするアクアパーク品川についてまとめました♪

更新日: 2015年07月09日

30 お気に入り 21631 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

momo793さん

◆エプソン 品川アクアスタジアムが大幅にリニューアル!

展示スペースが約3倍に拡充され、CGや光を駆使して大人向けの演出となっている。

2015年7月10日(金)オープン!

アクアパーク品川行ってみたいわ〜 水族館幻想的で綺麗だった!

◆アクセス

新幹線・JR線・京急線の品川駅(高輪口)徒歩約2分。
エプソン アクアパーク品川は、品川駅から徒歩約2分とアクセスが大変便利です。駐車場(30分 / 500円)には限りがございますので、電車・バスをご利用ください。
館内および品川プリンスホテル内でのご利用金額合計5,000円以上で3時間無料となります。

☆みどころをご紹介します!

① インタラクティブエリア

常設展では世界初、透過型液晶パネル(タッチパネル)を搭載した水槽にタッチしたり、スライドさせると、展示されている生きものとリンクしたさまざまな演出が楽しめます。

② アトリウムエリア

水槽と花をスタイリッシュに配置したアトリウムのようなエリア。

魚たちとアートフラワーが織りなす、色鮮やかな空間がひろがります。

※画像はイメージです。

③ アトラクションエリア

約12mの壁のLEDの光と音楽に包まれたメリーゴーラウンド「ドルフィンパーティー」や巨大な海賊船で無重力の世界を体験できる「ポート・オブ・パイレーツ」の2機種があります。

④ コーラルカフェバー

ブラックライトに照らされ、発光サンゴが放つ光によって創り出される幻想的な雰囲気の中で、特別なひとときを過ごすことができます。

ボトルタイプのアルコールやソフトドリンクなど。
持ち歩きながら次のゾーンへ進み、そのまま館内を楽しめます。

⑤ ジェリーフィッシュランブル

ゆらゆら漂うクラゲと、時間や季節ごとに変わる音と光で演出された癒しの空間です。

幅9m、奥行35mという大空間で神秘的な世界を体感できます。

⑥ リトルパラダイス

色とりどりの熱帯魚やサメたちの水槽をはじめ、定期的にテーマが変わり、何度訪れても楽しめる9個の水槽群からなるゾーン。

今回は「生きものたちの生きる知恵」をテーマ。
擬態やオスからメスへと転換する生きものなどをさまざまに展示する予定だそうです。

⑦ ワンダーチューブ

世界で唯一展示されているドワーフソーフィッシュをはじめ、東日本ではここでしか見ることのできないナンヨウマンタや、それぞれの形や模様の違いをご覧いただける約10種のエイたちが集っています。
天窓からの自然光が差し込む長さ約20メートルのトンネルです。

出典ameblo.jp

ワンダーチューブでは、天窓からの自然光に照らされてキラキラ輝く魚たちに囲まれながらセレモニーを行う、幻想的な挙式プランがあります。

⑧ アクアジャングル

生きた化石といわれるピラルクや淡水に生息するエイ、爬虫類の仲間などを展示。大人も子どももドキドキしながら探検家気分を味わうことができます。

人気のカピバラが皆さまをお出迎え!

⑨ フレンドリースクエア

人気の生きものたちを身近に感じられる屋外広場。
アシカやオットセイ、ペンギンなどが登場し、ミニパフォーマンスを繰りひろげます。

生きものたちと一緒に遊んだり、写真を撮ったりすることができるゾーンです。

⑩ ザ スタジアム

1 2