1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

アテネの要望によって電話会談は行われた。会談では、日曜日のギリシャ国民投票の結果とロシアとギリシャ間の協力をさらに深める上でのいくつかの課題について議論された。プーチンは、ギリシャが今直面している困難を克服できるようギリシャの人々を支えますと表明した。

引用元: プーチン氏;「ギリシャが今直面している困難を克服できるようギリシャの人々を支えます」 richardkoshimizu's blog/ウェブリブログ.

ギリシャは、外国の借金を踏み倒し出直し容易 日本国債暴落危機で国民打撃はギリシャより遥かに悲劇
http://matome.naver.jp/odai/2143565231989224901

国際通貨基金(IMF)は拒否した。残るは欧州連合(EU)と欧州中央銀行(ECB)が頼りだ。欧州側は年金削減や増税、政府のリストラなどを突きつけている。本稿執筆時点で国民投票の結果はわからないが、欧州側の提案を拒否する勢力が優勢だ。

 他にもカネを出してくれそうなところがないわけでもない。まずロシア。ツィプラス首相は何度も訪ロして、プーチン大統領と会談してきた。いざとなれば「助けてくれ」という思惑からだ。

 ロシアは助けられるものなら助けたいだろう。いま恩を売ってやれば、ギリシャが欧州を離れてロシアの勢力圏に入る可能性も出てくる。

 だが、いまのロシアにそんな余裕はない。日米欧の経済制裁で苦しいうえに、クリミア半島をテコ入れしなければならないからだ。それでも支援するならルーブルを渡す以外にないが、ギリシャは受け取った瞬間にユーロに交換する。そこでルーブルが下落する。つまりロシアは自分で自分の首を絞めてしまう。

1