1. まとめトップ
  2. 雑学

若返り効果も! 知られざる高齢出産の4つのメリット

2011年、女性の平均初産年齢は30歳を超えました。今もその年齢は上昇中、少子化や晩婚化とともに高齢出産(35歳以上での出産)が社会現象になっています。流産や染色体以上のリスクなど、デメリットばかりが強調されがちな高齢出産ですが、意外とメリットも多いことはあまり知られていません。

更新日: 2015年07月19日

289 お気に入り 170233 view
お気に入り追加

ますます高齢化する出産年齢

日本女性が初めて出産する年齢は、どんどんアップしています。
2013年の人口動態調査によると、初めて出産する人の全国平均年齢は30.4歳とのこと。2011年から30代になっています。

特に最近ハイピッチで上がっているようです。2003年には28.3歳でしたから、この10年間は5年に1歳のペースで上がってきたことになります。これはかなりのスピードです。

ちなみに1950年には24.4歳で、以後ずっと上がり続けているようです。

初産の年齢は戦後高齢化の一方です。

(オレンジ色が女性の結婚年齢、ピンク色が初産年齢)

都市部の初産平均年齢はかなり高くなっています。先の「東京都区部32.2歳」という数値や東京都全体の32歳という数値は特に高く、他の都市に較べても突出しています。

初産年齢の都道府県別偏差値。
東京や神奈川が特に高いことが伺える。

高齢出産では様々なリスクが知られています

昔から、35歳以上の出産は、「高齢出産」として病院や行政で扱われてきました。30代後半になると、妊娠自体がしにくくなったり、流産や、染色体異常の子を授かる可能性が高いとも言われます。

WHO(世界保健機構)の定義に基づき、今では日本でも世界的に基準とされている35歳以上の初産婦を高齢初産と定義づけしています。

以前の日本では30歳以上の初産が「高齢出産」とされていましたが、現在は35歳以上の出産を高齢出産と定義しています。

流産のリスクは、20代後半は9.5%ですが、30代前半は12%に。それが30代後半になるとぐんと高くなって19.7%、40代前半では40.8%にもなっていきます。

高齢出産にはさまざまなリスクが伴う・・・これは否定できません。しかし、それ以上のメリットがあることも事実です。

とかくリスクばかりが強調されがちな高齢出産ですが、意外なメリットもあることはあまり知られていません。

高齢出産のメリット① 健康的で賢い子になりやすい

イギリスの研究によると、「40歳以上のママが出産した9ヶ月から5歳児までの幼児の肥満リスクや怪我の割合が一般よりも低い」といわれています。

母親が高齢であるほど、治療が必要なほどの怪我をしないことがわかり肥満になりにくく、また社会的発達の問題も少なくなり、言語能力も高くIQも高い傾向にあるとのことです。

これは、高齢の母親の方が人生経験も豊富で穏やかで、若い母親より衝動的ではないからだと言われています。

高齢出産でママになった女性は、高学歴でキャリアウーマンだった女性が多い傾向があるというデータがあります。また高学歴な女性たちは、日常的に本を読む傾向があり、そんな女性たちがママになると、自ずと子供にも本を読み聞かせる習慣が生まれる傾向にあるのだそうです。

高齢出産のメリット② 若返り、長生きしやすくなる

妊娠によって女性ホルモンの分泌が増加し、美容効果を高めるので若々しくなるといわれています。

高齢妊娠・出産の場合、年齢を経るごとに減少しがちな女性ホルモンの分泌が増加するため、肌にツヤが戻って見た目が若返って見える事があると言われています。

米国に、100歳まで生きた人たちを調べて長寿の秘密を解き明かそうという面白いプロジェクトがあり、その研究の一環で、「女性が100歳以上生きる確率は、40歳以上で妊娠・出産した人が際立って多い」というデータが取れた

米国の国立がん研究所の発表によると、子宮体がんの発生率は、出産してママになった年齢が25歳以前の女性を基準にすると、ママになった年齢が30歳だと13%のリスクの低下、40歳だと44%のリスクの低下があると発表されました。

妊娠中に分泌され続ける「プロゲステロンホルモン」にガン抑制作用があるということが分かっています。

自分は高齢出産のリスクがある…!という意識から食事管理、体重管理、体調管理、安産エクササイズなどなど、熱心に取り組む為に体の機能がUPします。

高齢出産のリスクが分かっているからこそ、安産や生まれてくる子供の健康のために充分な注意を払うことも。

高齢出産のメリット③ 精神的・経済的に余裕がある

一般的に夫婦の経済力は、20代よりも30代以降の夫婦の方が高くなります。そのため年齢が上がるほど経済的な余裕が生まれ、不妊治療の継続による経済的な問題に対する精神的ストレスが軽くなるのです。

高齢出産では母親の精神が安定しているため、余裕を持って妊娠~出産・子育てができるとされています。

収入の安定があり、心に余裕が持てるという事は、子供に感情的にならずに、優しく接することができ、虐待につながりにくいとも言われています。

キャリアを積んでいるママが多いので、育児休暇を取得しながら仕事と家庭を両立できていたり、子育てが一段落した後にキャリアを活かした再就職も可能でしょう。

社会である程度長い経験を積んでいるため、キャリアを活かし出産後も仕事との両立がしやすいとも言われています。

1 2





質を大事に、自分なりの視点でまとめを発信していきます。

【得意分野】
IT
スマートフォン
音楽
雑学
子育て
レッサーパンダ

よろしくお願いいたします!