1. まとめトップ

安倍首相が外国特派員協会から何度も招待されるも断ってきた模様

「日本よ、世界の真ん中で咲き誇れ」の安倍首相ですが....

更新日: 2019年10月17日

3 お気に入り 12401 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hiraoyogiさん

日本外国特派員協会

安倍首相「テレビが呼んでくれない」に対して、エコノミストなどに書いているジャーナリストのツイートなど

「外国人特派員協会は何度も安倍首相を呼んでいるが、いつも断られている」 twitter.com/davidmcneill3/…

日本外国特派員協会で会見して蜂の巣になる安倍が見たいです

あの有能な同時通訳の方が 困ると思います。 安倍の外国人記者クラブ会見(u_u)

以前、こういう記事も

独日刊紙「フランクフルタ-・アルゲマイネ」カ-ステン・ゲアミス記者

「日本外国特派員協会はこの2年間、毎月、安倍晋三首相に取材を申し込んできたが一度も実現していない。日程が合わないという理由だが、こちらはいくらでも調整すると申し出てきた。北朝鮮でさえ、外国人メディアの質問には答える。情報統制が激しい中国にいる同僚だって共産党幹部に取材する機会は与えられている。政府には説明責任というものがあるが、安倍首相は放棄している。」

そういえば、こういうことも

自公「欠席」と回答 外国特派員協会の各党会見

 日本外国特派員協会が衆院選前に恒例で開催している各党ごとの記者会見に、自民・公明が出席できないと回答していたことが1日、わかった。両党は「日程が合わない」と理由を説明している。

安倍政権は欧米有名メディアから豪快にボコボコ叩かれまくってるから逃げたくなるのもわかるけど、「世界が日本スゲーと賞賛!」「世界に日本スゲーをアッピール!」ってノリとのギャップに泣けるよね。

出典「自公「欠席」と回答 外国特派員協会の各党会見」(朝日新聞)のはてなブックマーク

<外国の有識者層に対する対日関心向上のための取組>

提言3:IT・メディアを通じた政策メッセージの外国語発信強化

外国メディアが取り上げたくなるような魅力的なメッセージ形成を目指す。

「国際社会において、客観的事実に基づく正しい歴史認識が形成され、日本の基本的立場や取り組みに対して正当な評価を受けるべく、これまで以上に対外発信を強化していく」とする答弁書を決定した。

追記

安保法案と政権の説明対応:首相テレビ出演 議員発言は「統制」

毎日新聞 2015年07月27日 東京朝刊

◇外国特派員は避ける?

 外国の報道機関の日本駐在記者らでつくる日本外国特派員協会は、昨年10月以降、安倍内閣の閣僚の記者会見が実現していないことを明らかにした。

 協会によると、これまで閣僚の記者会見は年間5回前後あり、第2次安倍政権が発足した2012年末から昨年末の衆院選までの2年間にも計10回開かれたという。ところが、昨年9月下旬に山谷えり子拉致問題担当相や松島みどり法相(当時)が行ったのを最後に、閣僚の記者会見はない。

 英エコノミスト誌東京特派員のデビッド・マクニールさんは「理由は分からない。想像するしかないが、政権はより注意深くメディアを選んで付き合っているのではないか。特派員協会で厳しい質問をされるのを好まないということもあるのかもしれない」とコメントした。

関連

1 2