1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

一生演技ができますように...能年玲奈の現状が刹那すぎる。

「あまちゃん」で一躍シンデレラガールとなり大人気だった能年玲奈。現在は、個人事務所設立や洗脳疑惑でテレビでその姿を見かけることもなくなった。そんな能年玲奈が昨日7月7日「七夕」の日に"一生演技ができますように..."と短冊に願いこめた。彼女の現状をできるだけわかりやすくまとめてみました。

更新日: 2015年07月08日

4 お気に入り 50457 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yasuckeyさん

■昨日7月7日は、年に一度の「七夕」。七夕に願いをこめ短冊を飾った人も多いはず。

昨日7月7日は、年に一度の「七夕」。大人になった今でも変わらず願い事をする人も多い。

昨日は七夕でしたね! 皆さんは何をお願いしたのかな? 私は絶対叶いそうにないお願いをしました(;´Д`)

好きな人もおらんし 家族の幸せだけをお願いした 18歳の七夕 ㅋㅋㅋㅋㅋ

七夕は終わったけどみんなは何をお願いした? 俺?みんなの幸せを願った おやすみ笑

■そして女優・能年玲奈も「七夕」の日に願い事を短冊に込めたそう

女優の能年玲奈(21)が7日、自身のブログを更新し、七夕に願い事をこめた短冊を飾ったことを明かした。

「七夕ですね」と題したエントリーで、能年は「東京に来てからは願い事を短冊に書くってしてなかったな」とつづると、5枚の写真をアップ。

和服姿で「一生演技ができますように」と書かれているように見える短冊を笹に飾りつけた。

最後は、「願い事の為に、勉強していかなきゃ。皆さんは願い事しましたか? それではまた!」と笑顔の写真とともに締めくくっている。

しかし、能年玲奈の現状は厳しいもの・・・

NHKの連続テレビ小説。2013年度前期の連続テレビ小説で、東北・北三陸の小さな田舎町を舞台に、ヒロインが海女を目指して奮闘する姿を描く“人間喜劇”。

『あまちゃん』以前は、無名女優に近かった彼女が、オーディション1953人の中からヒロイン・天野アキ役を射止め一躍シンデレラガールに

また劇中のセリフ『じぇじぇじぇ』が2013年『新語・流行語大賞』の年間大賞を受賞するほどの人気

大人気漫画を実写化した「ホットロード」で主人公の宮市和希役を熱演し「第38回日本アカデミー賞」新人賞を受賞

■順風満帆に見えた能年玲奈だったが、とある問題が・・・

「国民的ヒロイン」と呼ばれ、東日本大震災の復興にも貢献。『あまちゃん』の続編も期待されていた。しかし、そんな話も今や昔。

『あまちゃん』でブレイク以降も好調に見えた能年玲奈。以降、出演作が映画2作、20分のスペシャルドラマ1本にとどまるなど活躍が低迷。さらには、所属事務所に無断で自身が代表を務める個人事務所を設立したことで話題となった。

■これをきっかけに"洗脳疑惑"までが報じられ一気に転落。

「株式会社M」という新会社を設立した際に取締役となった演技指導の滝沢充子氏に洗脳されているでは?とまで報道されることに。これがイメージダウンに繋がり仕事は、激減。

所属事務所レプロエンタテインメントとのトラブル、独立、滝沢氏による「洗脳」が相次いで報じられている。

滝沢氏は、「生ゴミ先生」という異名を持つ“謎の女性演出家"

彼女は長年、能年に演技指導している先生。指導は厳しく、能年からの信頼は厚く、“唯一の親友”としてテレビでも語られている

その女性から“洗脳”されているとの報道が4月に出るなどのトラブルになっている。

どの報道でも「能年は洗脳されている」とインパクトの強い言葉が使われている

■そして新たに清純派の能年玲奈に「1億円ヌード」の話が浮上!

出典laughy.jp

芸能活動が休止状態の“あまちゃん”こと能年玲奈に究極の選択案が浮上してきた。

独立成立直後の来年7月以降、できるだけ早い段階でヌードを披露するプランが極秘で進行しているようです。

1 2