1. まとめトップ

FIFA国際サッカー連盟の女性差別が激しすぎる

無事閉幕した、FIFA女子ワールドカップ2015カナダ大会。しかし、FIFA国際サッカー連盟による不可解な女性差別が明らかになり、疑問も残りました。

更新日: 2015年07月09日

1 お気に入り 5149 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

melon11さん

◆ワールドカップの賞金額が男子の17分の1

2014年のW杯で王座を獲得したドイツには、3500万ドル(約42億円)支払われました。女子アメリカ・チームが手にした金額は・・・たったの200万ドル(約2億4400万円)也。ドルベースで、男子の約17分の1に過ぎません。

◆男子より視聴率取っているのになぜ?

FOXsportsは、6月にはグループステージ最終節の段階で平均500万人、最大630万人の視聴者を集め、前回大会のグループステージと比較して3倍以上に増加している

女子ワールドカップ2015、決勝戦、視聴者数は平均2540万人。2014年W杯決勝戦ドイツVSアルゼンチンの1730万人を軽く超え、米国内で放送した男子・女子合わせたサッカーの試合記録で最高を叩き上げていました。

◆注目度に比べ給料は低い・・・

全米サッカーリーグでプレーするシドニー・ルルー選手の年俸はナイキやボディアーマーといったスポンサー料を合わせても6万〜9万2500ドル(約730万〜1130万円)だとか。MVPに輝いたカーリー・ロイド選手やアビー・ワンバック選手ですら同程度だといいます。

◆男子のワールドカップでは人工芝は使わないのに・・・

ボールのはね方や転がり方の違い、さらにケガが発生しやすくなるという懸念から、以前から問題視されてきた人工芝のピッチ。

アメリカ代表のアビー・ワンバック、ドイツ代表のナディーネ・アンゲラーを含む代表選手たちがFIFA(国際サッカー連盟)とカナダサッカー協会に芝のピッチを使用するよう求めたものの、FIFAはカナダが招致活動の際に人工芝での試合開催を条件に盛り込んでいたとして要求を呑まず。

オーストラリア代表のミシェル・ヘイマンは「肌がひきつれた状態で、熱した石炭の上を歩いているよう」と、その熱さを表現した。

FIFAのヘンニ女子部長は「選手やコーチへの聞き取りや技術的、医学的側面も含めて、これから検討する必要がある。現時点で話すべきではない」と詳しい言及を避けた。

◆男子ではありえない?対戦相手と同じホテルを手配

ドイツのネイド監督は、男子の大会では起こり得ない手配の仕方について、「これから対戦する2チームが、同じホテルに宿泊するなんてあり得ません」と不満をあらわにした。

「スウェーデンに勝利した後、私たちは難しい場面に遭遇しました。スウェーデンの選手が落胆しているのに、同じエレベーターを使用しなければならなかったのです。フランス戦でも同じ経験をしました」

米国代表のジル・エリス(Jill Ellis)監督も、気まずい思いをしたことを認めており、「初日は危うく、ドイツの食堂に入ってしまうところでした」と明かした。

1