1. まとめトップ
  2. カラダ

眠いから…が原因じゃない?あくびを我慢しない方が良い理由って?

なぜかあくびが止まらない日ってありませんか?もちろん、寝不足などの理由もありますが、それは「起きていなくちゃ!」と思っているから出るそうです。あくびを我慢してはいけない理由とあくびの効果をまとめてみました。

更新日: 2016年04月17日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
123 お気に入り 49095 view
お気に入り追加

▼なぜかあくびが止まらない日ってありますよね。

あくびばっかりしてる日ってありません?

とにかくあくびがでて止まらないよ〜なんなのこれ…(´Q`)。oO

さっきからあくびが止まらない…寝たほうがいいかな

▼でも、あくびは、相手に良い印象を与えないから我慢しちゃう…。

「たるんでる」とか「相手に失礼」と言う印象を与えるあくび。でも、なかなか我慢出来るものじゃないんですよね…。

“緊張感が足りない!”というふうに見えてしまうもの。友達どうしや、好きな相手に目の前であくびをされても、ついつい「私の話、詰まらなかったのかな…」なんて思ってしまいがち

人前であくびをするなんて失礼だとぐっとこらえる

▼どうして人は、あくびをするの?あくびが出るの?

口を大きく開け息を深く吸い込み、素早く息を吐き出すとともに、腕や脚を大きく伸ばす動きなども加る欠伸(あくび)

血液の循環などが悪くなり、脳への酸素供給が減ると回避しようとあくびをするよう脳から命令が下ります。これがあくびのメカニズム

あくび指令シグナルは、脳のいろいろな部位に届く。多数の部位を同時に働かせることで、「あくび」という複合的な動作が成立する。

疲れているときや眠たいとき、寝起きや退屈なときに自然に生じる

あくびをしたら、涙が出てきた経験は誰でも持っていますよね。

目がしらにある涙をためる袋があくびによって押されるからです。涙は目尻の近くにある涙腺から常に少しずつ分泌され、目の表面をうるおしています。その涙が一時的にたまっている袋が、大きく口を開けたときに顔の筋肉の伸縮で押され、涙があふれ出てくる

▼実は、あくびが出るのは「眠たいから」じゃなかった!

もちろん、眠い時に出ることもありますが、会議や授業など大切な場面であくびが出るのは「寝てはいけない」という意識の表れ。緊張感が足りないどころか、むしろ意識している時だった!

“眠たいとき”ではありません。実際はその反対で「起きなくちゃ」という意識のときに出る。寝起きのときにあくびが出るのはそのため

精神的な緊張にさらされたときにも、あくびが出ます。

▼あくびがもたらす効果もこんなにあった!

身体をリラックスさせたり、ドライアイを解消したり、顔周りの筋肉を動かせたり、脳を刺激出来たり…。いいことだらけみたい!

脳に刺激、血液中に酸素が送り込まれ、脳が活性化

あくびによって鼻内部の仕切り壁が大きく拡大・縮小し、
脳に空気を送り込んでその温度を下げる効果がある

心と身体の緊張がゆるんでリラックスできる

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう