この給付金は、7歳になるまでに、集団予防接種等(昭和23年7月1日から昭和63年1月27日までの間に限る)の際の注射器の連続使用により、B型肝炎ウイルスに感染した方と、その方から母子感染した方(これらの方々の相続人を含む)に対して、病態に応じ50万~3600万円等をお支払いするものです。

出典B型肝炎訴訟について(救済対象の方に給付金をお支払いします) |厚生労働省

病態に応じ50万~3600万円等がもらえる。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

最大3600万円がもらえる…!?B型肝炎給付金訴訟って何?

病気になった時に心強い給付金制度。その中でもB型肝炎の給付金は、最大3600万円にもなるそうです。その内容と条件、おすすめの弁護士をまとめました。

このまとめを見る