1. まとめトップ

「かめはめ波大会」という外国のコンテストが色々おかしい

ドラゴンボールには、なんとかめはめ波を競い合うコンテストがありました。その全貌を紹介したいと思います。

更新日: 2015年07月09日

0 お気に入り 22235 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

esper1さん

かめはめ波とは?

ドラゴンボールに登場する架空の技

亀仙人(武天老師)が編み出した、体内の潜在エネルギーを凝縮させて一気に放出させる技。

普段は、エロエロでガリガリの亀仙人が

このようにムキムキになり

ムキムキのまま放つ

それがかめはめ波

亀仙人によれば、この技を会得するには50年の修行が必要とされる

なんと50年もかかる!
なんという大技なのだろうか。

を、悟空は見よう見まねであっという間に習得。

名前の由来はもちろんハワイ王国のカメハメハ大王から

鳥山の妻である、みかみなちが提案したものを、「ばかばかしくて亀仙人らしい」と採用した。

なんと奥さんの提案でした。

うん。
思ってた以上に、カメハメハなオーラを放っている。

そんなかめはめ波を競い合うコンテストが世界にはありました!

これはエアギター選手権のようにエアかめはめ波を撃ち、その完成度を競うという大会でなんと世界大会が開催されるほどの人気スポーツ(?!)であります

スポーツなんだ。

辞書として使えるはてなキーワードには、かめはめ波大会についての項目がありました。そこには、

いかに上手くかめはめ波を放つことが出来るかを競う大会。

と書かれています。

ではどのようにかめはめ波を撃っているのでしょうか。

気合を入れます。

服を脱ぎ始めました。

上半身裸になりました。

「はぁぁぁっ」と撃ちます。

このようにオリジナル通りにするのではなく、自分なりのアレンジを加えたものが多いようです。

「別のオリジナルでは?」と思わせるものも中にはあります。

動画

1 2