1. まとめトップ

地域ごとの味・ソウルフード☆世界のお漬物特集

日本に古来から存在するお漬物と同様、名称は様々なれど、世界中にも存在する漬物の数々。そんな世界のお漬物を紹介していきます。

更新日: 2019年02月20日

5 お気に入り 3804 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

漬物大好きです。

moepapaさん

漬物(つけもの)とは

漬物(つけもの)とは、様々な食材を食塩、酢、酒粕などの漬け込み材料とともに漬け込み、保存性を高めるとともに熟成させ、風味を良くした食品。これらの漬け込み材料は高い浸透圧を生じたり、pHを下げたり、あるいは空気と遮断する効果を持つ。漬物の種類によっては、乳酸発酵などの発酵と、それによる保存性や食味の向上が伴う。

発酵を伴うタイプの漬物は、材料に自然に付着している乳酸菌と材料に含まれる糖類によって発酵し、保存性と風味の向上が起こるが、麹などを添加して発酵の基質となる糖類を増やしたり、そこに含まれる酵素によって風味を向上させる酵素反応を誘導することもある。

ザワークラウト(ドイツ)

ザワークラウト(Sauerkraut )とは、ドイツにおけるキャベツの漬物。また、それを使った料理も指す。原義は「すっぱいキャベツ」。この酸味は乳酸発酵によるもので、酢に漬け込むのではない。ザウアークラウト、ザオアークラオトとも表記されることがある。

ソーセージなどの肉料理をはじめとした色々な料理の付合せとしてよく用いられる。
また魚を載せた料理もある。

ランチの一番人気はやはりシュニッツェルです。続いてウィーン風ステーキが人気。ビールやワインのおつまみとしては塩豚とザワークラウトが人気です。どれもミーココ定番メニューです。ちょっとヨーロッパに来たみたいとよく言われる店内でウィーン料理を是非どうぞー! pic.twitter.com/famIU8soAy

イーテルニツェ(jitrnice)というチェコのソーセージを食べました 焼くとグレーが黒色になる 中身はとっても柔らかくて、マッシュポテト、ザワークラウトと一緒に食べる とっても美味しい〜 見た目完全にあれですけど pic.twitter.com/ZpDfEJxKaA

今回はシンプルなザワークラウトを漬けた キャベツ、塩、キャラウェイシードのみ ソーセージとの相性は抜群 #ザワークラウト #保存食 #ヘルシー #ダイエット #男の料理 #超料理 pic.twitter.com/h0fRrrJC93

ピクルス(欧米諸国)

ピクルス (pickles) は漬物のこと。ただし日本では、主に欧米風のものを指し、日本風の漬物やキムチ、ザーサイなどはピクルスとは呼ばない。代表的なピクルスは、塩漬けにしたキュウリなどの野菜を、酢、砂糖などからなる漬け液につけ込んだもの。乳酸菌により発酵させる。酢を使うことで発酵させる工程を省略することもある。

アメリカ合衆国では、ガーキンスと呼ばれる小キュウリのピクルスが市場の大半を占めており、ピクルスと言えば、キュウリのピクルスを指す。

キムチ(韓国)

キムチ(朝鮮語: 김치)は、白菜などの野菜と、塩・唐辛子、魚介塩辛、ニンニクなどを主に使用した漬物。かつては朝鮮漬けという呼称が一般的であったが、現在は一部地域を除いてキムチという名前が定着している。

直接食べる以外に、炒め物等で他の食材と合わせることも多い。

1 2