1. まとめトップ

米CIAのスパイだった岸信介!安倍晋三と麻生太郎が支配する米国の傀儡政権!満州アヘンの売人

岸信介は、A級戦犯だったにも関わらず、巣鴨拘置所から出されてCIAの工作員として活動する事になります。そして、米国から資金供与を受けた岸信介は、自民党を結成して戦後の政治を支配していきます。満州の阿片(アヘン)で大儲けしています。

更新日: 2019年11月28日

25 お気に入り 326289 view
お気に入り追加

A級戦犯容疑者として巣鴨拘置所に収監され、死刑を覚悟していた岸が突然、釈放され、旧敵国に忠実な親米派に変身し、十数年後に首相

731部隊で人体実験が行われていた時に、岸の親戚でもある満鉄の総裁(1935年8月2日-1939年3月24日)であった松岡や鮎川と共に満州国の実権を握っていた

岸 信介元首相がこれまでいわれていた「CIAの同盟者」ではなく,「CIAのエージェント(代理人,スパイの意味)」だったと断定

岸信介は、もともと吉田茂と満州の阿片ビジネスをやっていた関係から、戦後に家系図で繋がっていきます。

◆安倍晋三首相の家系支配と戦後独裁

日本の戦後の権力を握る家系図が出来上がっています。民主主義ではなくて、独裁政治・貴族政治です。

日本のトップ3が親戚同士で食事会とは優雅ですね。

日本の総理大臣は、親戚から輩出される事がお決まりになっていました。

◆内閣の官房機密費の問題

かつて官房長官を務めた元自民党衆院議員の野中広務氏(86)が当時、ジャーナリストの田原総一朗氏(77)に渡そうとした官房機密費の額について、田原氏本人が「1000万円」だったと明かした。

◆首相とマスコミの癒着

フジテレビの日枝会長と安倍首相は、毎週のように食事会・ゴルフをしているという事です。

国民の皆様、安倍総理が「笑っていいとも」に出演したことは記憶に新しいですが、その背後には安倍首相の甥がフジテレビに入社したという経緯

笑っていいとも!に出演している安倍晋三さん

テレビ局・新聞社が安倍晋三と一緒に寿司を食べて『寿司メディア』として独裁政権を支えています。

◆米CIAを批判すると逮捕される

小沢一郎は、旧自民党派だったのですが、後に政権を批判するようになり、東京地検特捜部に捜査される事になりました。

ブリジストンの石橋財閥を背景にしておきながら、アメリカから信頼されずに政権を失う事になります。

2009年6月、鳩山の資金管理団体「友愛政経懇話会」の政治資金収支報告書に、故人からの献金が記載されていることが発覚。

◆鬼畜政権下で、沖縄の植民地化

日本が米軍の植民地である事を示す地図ですね。

1995年9月4日に沖縄県に駐留するアメリカ海兵隊員2名とアメリカ海軍軍人1名の計3名が、12歳の女子小学生を拉致した上、集団強姦した強姦致傷

沖縄県うるま市の女性会社員(20)が遺体で見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された米国籍の米軍属、シンザト・ケネフ・フランクリン容疑者(32)=同県与那原町=が「女性をナイフで刺して殺した」「強姦(ごうかん)した」と殺害と性的暴行を認める供述をしている

◆民主主義を否定した独裁国家

安倍晋三・麻生太郎は、民主主義を否定して、独裁政治を行っています。

1 2 3