1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

これ、本当に紙で出来てるの??そのクオリティまさに“神”レベル、世界の凄すぎる“紙アート”まとめ

世界には、本当に凄い方々がたくさんいらっしゃいますね。このまとめが、読者にとって“いい刺激”になれば幸いです。

更新日: 2015年07月09日

SaKyOさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
311 お気に入り 120524 view
お気に入り追加

■世界の凄過ぎる、紙アートをいろいろご紹介いたします。

◆切り絵

一目見ただけで『凄い!』と感じるコチラの作品。一見、レースで作られているようですが、実はコレ…1枚の紙から切り出したペーパーアート(切り絵)なんです!

N.Y.在住の切り絵アーティストのモード・ホワイトさんは鳥、人々、葉などのモチーフに様々なシーンやストーリーを織り込みます。彼女の表現方法は切り絵。緻密な描写をカッターで切り出していきます。

髪の毛や鳥の羽などで表現されている緻密な手作業に圧倒されますね。どこか童話や物語世界の光景、御伽話のようなモチーフが多く登場するのが特徴と言えます。

細かい!!タツノオトシゴが吐いた息の先に顔がある!!

緻密さも然ることながら、彼女の持つ、独自の世界観も素晴らしいですよね。

ミリ単位で切り抜かれる”Maude White氏”の緻密で繊細な作品の数々。凄いという言葉だけでは足りないような気さえしますね。

●レーザーでカットされたかのような、寸分の狂いもない“切り絵”

この可愛らしいウサギは、イギリスのスージー・テイラーさんの切り絵作品です。

全ては一枚の紙から、手書きでシンプルなナイフを使って注意深く切り出されていくため同じ作品は2つとないのだそう。

草花や鳥をモチーフに切り出されるドクロやウサギなど、繊細な仕事にため息ものです。

ドクロなのに、可愛く見える。

彼女はたった一枚の紙とクラフトナイフを使って、まるでレーザーカットのような精巧で細密な切り絵を作るのが得意。

これが一枚の紙から出来るとは信じられない

色を付けると、さらに世界観が深まりますね。

緻密にカットしていく技術も然ることながら、“Suzy”さんの描く、個性的であり、メルヘンチックな世界観。これにどっぷりと魅了されたのはきっと私だけではないはずです。

◆紙彫刻

紙で出来ているとは思えない…美しすぎる作品を手掛けるのは、ロサンゼルス在住の日系アメリカ人“Jeff Nishinaka”さん。

“Jeff Nishinaka”さんの作品には、たくさんの動物や人が描かれていますが、全ての動物、そして人が表情豊かに表現されています。

ちなみにペーパースカルプチャーは、紙を彫刻刀で削るわけではなくパソコンを使って綿密な計算で作られた展開図を元に折り紙のように紙を折ったり、カッターで切ったりして作品が完成します。

幾重にも紙を重ね、さらに、光源を巧みに操り…作り出される立体感。これは天晴れとしか言い様がありませんね。

ただ精巧なだけでなく、レンズ越しのような空間演出に味わいがあります。

紅の豚の一場面をほうふつ。今にも視点が動き出すんじゃないかと思うくらいの立体感。

1 2





SaKyOさん

 いろんなジャンルに挑戦中!!

このまとめに参加する