1. まとめトップ

KinKi Kids・堂本剛主演「愛犬ロシナンテの災難」が封印された理由とは

2001年に日本テレビ系で放映された、KinKi Kids堂本剛主演のドラマ「向井荒太の動物日記 愛犬ロシナンテの災難」。現在に至るまで一切のソフト化がされておらず、事実上の封印作品となっています。なぜお蔵入りになってしまったのでしょうか?

更新日: 2015年07月18日

13 お気に入り 369560 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

2001年1月13日から3月17日に日本テレビ系で放送されたテレビドラマ。
毎週土曜21:00〜21:54

大学の獣医学部を舞台に描かれる、学生や教授らといった濃い人間たちと動物達の起こす大騒動を描く、青春ドラマ。

■ ストーリー

八王子大学獣医学部の学生、向井荒太は保健所に処分される寸前の成犬を引き取る。荒太は浦島教授の元で様々なペットと飼い主の境遇から、人間と動物の関係に苦悩しつつ獣医を目指すことの意味さえも考えるようになる。荒太と愛犬ロシナンテの前にいかなる災難が待ち構えているのだろうか。

■ 出演

母゛(ばば)はる子役

主題歌はKinKi Kids「ボクの背中には羽根がある」

■「愛犬ロシナンテの災難」は2015年現在、一切ソフト化されてない

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

その現実的な展開に動物愛護団体が激しく反応を示したといわれ、封印作品として後の一切のビデオ化・DVD化を全て禁じてしまった。

ロシナンテは、動物愛護団体からのクレームで
封印されているみたいです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

既に退所してるジャニーズタレント(秋山純)
が出演しているのも再放送されない理由と思います。

舞台の出演が多いJr.内のユニット『Musical Academy』に所属し人気を集めたものの、当時つき合っていた彼女とのプリクラが流出し、活動を自粛。そのままジャニーズを脱退してしまいました。

秋山純の解雇は2008年。放送終了から7年も経っているためこの人だけが原因とは考えにくいのでは?

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

本作の正式発表前、日本テレビ系の情報番組にて「人気漫画『動物のお医者さん』が堂本剛主演でテレビドラマ化決定」との報が流れたが、出版元である白泉社はそれを否定した。

本作の設定は、大学の獣医学科が舞台であったり、主人公が大型犬を飼っていたりと『動物のお医者さん』と共通する部分が多く、企画段階では『動物のお医者さん』のテレビドラマ版だったのが何らかの事情で原作無しのオリジナルドラマへと方針転換されたと思われる。

日本テレビの「ルックルックこんにちは」という当時のワイドショーで発表され、またデイリースポーツにおいても報道された。
しかし、ファンの方がコミックス発売元の白泉社に問い合わせたところ、「当社にそういうお話はありません」と否定されたらしい。

再放送が行われてはいるものの、一切のソフト化が行われていないのは事実である。
ただしこれに関して公式なコメントは示されていない為、全て仮説の域を出ない。が、前述の通り本作の製作の経緯自体が複雑であり、そこに起因するとも考えられる。

1 2