1. まとめトップ
  2. カラダ

髪が傷むだけじゃない?ドライヤーの間違った使い方が意外と怖い

お世話になっているドライヤーやアイロンにコテ。マイナスイオンが出たり、頭皮のケアも出来たりと劇的に進化していますよね。でも面倒だからと適当に使っていませんか?ドライヤーの間違った使い方は髪にも大きな影響を与えますので、今一度見直してみましょう。

更新日: 2016年04月07日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
708 お気に入り 318980 view
お気に入り追加

▼毎日、お世話になっているドライヤー。

お世話になっているドライヤーやアイロンにコテ。
マイナスイオンが出たり、頭皮のケアも出来たりと劇的に進化していますよね。
苦手、嫌いな人も多いけれど、ドライヤーがなければ生きていけない!と言う人も多いものです。

手早くて、ツヤツヤになって、いつもより仕上がりがきれいになる

▼でも、トラブルも色々あります…。

髪パサパサすぎて泣きたい。ドライヤーのせいは、わかってるけど髪ぼっさぼさ。矯正かけたいなあ。

髪の毛がわっと一瞬でツヤっと乾く発明はまだですか…_(:3」∠)_←ドライヤー苦手

コンディショナーとアウトバストリートメント使わずにドライヤーしたらめっちゃパサパサになった…

▼あなたは、間違ったドライヤーの使い方をしていませんか?

熱をあてることより間違った使い方の方が怖い…

ついぼんやりとドライヤーをかけてしまってしまってはいませんか?間違った使い方で、髪や頭皮を傷めている場合があります。

間違ったドライヤーの使用法を続けてしまうと、それは返って髪の毛へのダメージとなり、薄毛などの症状に繋がる

間違った乾かし方や、
間違ったドライヤーを使う事によって頭皮や髪を痛めている

▼ドライヤーのお手入れをしないと髪に大きな影響を与えてしまう。

ドライヤーも意外と汚れています。
毎日使うのにお手入れは適当になりがち。

風を取り込む部分を見ると、ホコリがたくさん溜まっています。
ホコリが溜まると風を取り込みにくくなり風量が落ちるだけでなく、ドライヤーに負担がかかり壊れやすくなってしまいます。

髪にダメージを与えたり、ホコリが目立つ場合は直接髪に付着したりします。また、髪によいとされるイオンも、お手入れをしないでいると放出が減少してしまう

汚れたケアツールでお手入れしても気分が高まりません。
女性としての魅力も半減してしまうかも……。

▼意外と短いドライヤーの寿命。

ドライヤーやモーター部分の故障が多くあります。
また、しっかりとイオンが出ているかどうかはニオイで分かりますので、しっかりチェック!

ドライヤーは、使い始めて130時間〜140時間連続が寿命とされています。1日1回使うとすると、3年〜4年程度。

汚れがたまってしまうと過熱して火を吹いてしまったり、
ひどいときには火災の原因になってしまうことも

イオンが出ているときには『青い光』が見えます。これは慣れていないと見えにくいですが、もっとわかりやすいのは、ニオイ。

▼「じゃ、ドライヤーを使わなければいいのか!」は間違い!

ドライヤーを使わないで自然乾燥にすれば良いのか!と言う考えはNG!自然乾燥だと雑菌が発生し、ニオイや痒みの原因になります。髪を乾かすことも髪や頭皮を守る大切なケアのひとつ。

使うのは面倒、暑い、などといった理由で自然乾燥を選ぶ人も多い

1 2





lulu0803さん