1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

女子生徒は小学生の時から同級生によるいじめを受けていた。中学入学後は「汚いもの」のように扱われ、「死ね」と言われたり、下校中に小石を投げられたり、エスカレート。孤立感から「生きることへの限界を超えた」とし、いじめが主原因の自殺だったと認定した。

 この間、教諭は加害行為を目撃していたが、加害生徒への指導を重視し、女子生徒から詳しく聞き取ることはなかったといい、「いじめと認知し、早期に対処する姿勢に欠けていた」と指摘。再発防止策として、生徒の相談に応じる担当教諭を新たに全小中学校に配置することなどを求めた。

 中学の校長(58)は記者会見し、「(教諭が)個別の認識で事案を解決しようとして、組織的な取り組みができなかった」と謝罪。「子供に寄り添い、いじめのない学校づくりを進めていきたい」と述べた。

高校の時、クラスのHRで担任の先生が「いじめはダメ」みたいな話して、その後の休み時間にクラスの半分くらいの女子が私に謝りに来た事があった。私はなんで謝られたのか今でも全く分からなくて、もしかしたらなんかされてたのかもしれないけど、当時から私、絵に夢中過ぎて気づいてなかったんよね

中高生女子は、かなり陰湿だからな。 岩手県中2自殺「いじめをやらせていた女子生徒がいた」父が告発 zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=2015… #Yahooニュース

「机に頭をたたきつけた」「朝礼で嫌がらせをした」などの6件を「いじめ」と認め、「自殺の一因」と結論付けている。

 亮さんの父親「私が思ういじめという認識と学校側が思ういじめという部分では、やっぱり考え方が違うというか、認識の仕方が違う」

 学校は26日夕方、保護者会で報告書の内容を説明。臨時登校日の27日には、生徒にも説明する予定。保護者会後の会見で校長は、「亮さんのかけがえのない命を守り切れなかったこと、たいへん申し訳ございませんでした」と頭を下げた。

 一方、父親は26日夕方、加害者の生徒4人を「暴行」や「強要」などの疑いで岩手県警に告訴した。

一日の反省などを記す「生活記録ノート」。同級生との交友関係についての悩みを連ね、「ボクはついにげんかいになりました。もう耐えられません」と苦しい心中を明かした内容が記述されていても、担任の返信欄にコメントはなかった。

アンケートを実施していたものの、集計しておらず、校長が内容について報告を受けていなかったことが10日、学校関係者への取材で分かった。

電車にひかれて死亡した岩手県紫波しわ郡の中学2年の男子生徒(13)が担任教諭にいじめ被害を訴えていたことを受け、男子生徒が通っていた学校が全校生徒を対象に行ったアンケートの結果、「いじめを見た」との回答が多数あったことが9日、所管する町教育委員会への取材でわかった。

死亡した生徒が、泣きながら担任に相談しているのを見たこともあるという。ある生徒は担任について、「優しくて、いい先生だった。生徒から慕われ、相談にもよく乗ってくれた」

岩手中2生徒の自殺に「届かなかったSOS」とのタイトルがつけられたりしているが。以前児童虐待死を取材しているジャーナリストの方が「届かなかったんじゃない。子どもは必死に届けていた。受け取らなかったのは、大人たちだ」と語っていたのを思い出した。今回の事件を受けて、改めてそう思う。

日常的に嫌がらせか 岩手の中2自殺 - 社会 : 日刊スポーツ - 日刊スポーツ(2015年07月09日) bit.ly/1NQbGfO #死 pic.twitter.com/PbPEi03xiQ

これさ、死っていう字違うじゃん。かってな意見だけどさ死っていうことばが怖かったんじゃないかな。助けてほしかったんやないかな。。。。絶えないよね、自殺って@PSR_NOW: 岩手・中2自殺の件 担任酷すぎるやろ しかも逃亡って pic.twitter.com/AoVdil61OX"

1